忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

カテゴリー「飛鳥井のお気に入り」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在、職場の机周りや職場そのものが散らかっていて、どうにかしたい。
スッキリ綺麗にして、気持ち良く仕事をしたい。
そう思っている方に朗報です!

・物が多く片付かない。
・机やキャビネット、棚などがどうも散らかってしまう。
・片づけたつもりでもすぐに物が溜まって訳がわからなくなってしまう。
・必要な資料・書類がすぐに見つからない。
・書類を間違えたり紛失したりしがち。
・散らかっているので掃除もままならないためホコリが溜まっている。
・どこからどう手をつけて良いかわからないので途方にくれてしまう。
・片づけることはあきらめた(笑)

そんなあなたにこの本が参考になると思います。
『トヨタの片づけ』
片づけ苦手の方にこそ必要な本です。



僕はもともと片づけが苦手なため、個人的に色々と片づけ関連の本を読んできました。
この『トヨタの片づけ』は職場での片づけについて書かれた本です。
一般的に製造業・サービス業の職場環境改善に用いられるスローガンとして有名な「5S(ごエス)」を、具体例を示しながら分かりやすく解説してくれている本になっています。

 

整理(seiri):「いるもの」「いらないもの」を分けて「いらないもの」を捨てる
整頓(seiton):「必要なもの」を「必要なとき」に「必要なだけ」いつでも取り出せる状態にしておく
清掃(seisou):キレイに掃除する。日常的に使うものを汚れないように。職場をキレイに保つ
清潔(seiketsu):「整理」「整頓」「清掃」を維持する
しつけ(sitsuke):決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける

これが5つの「S」です。

読むとわかるのですが、「片づけ」は一つのツールであり、「好きか嫌いか」ではなく「やり方を知っているかどうか」なのです。手順を学び理解すれば、誰でも出来るものだということです。

片づけができる人は、その人が片づけが好きで得意なだけ…という誤解があるように思います。

どんな仕事も手順と守るべきルールがあるように、片づけにも手順とルールがあります。片づけが苦手でも出来るようになるための方法が、具体例を用いて分かりやすくこの本に書かれています。



書名に「トヨタの」とありますが、トヨタ特有のものではありません。「5S」は特定の企業のやり方では無く、職場環境の美化、従業員のモラル向上などのため、多くの企業で導入されているものです。

一般的にはとても当たり前のことのようです。ただ、僕はこのスローガンを知りませんでした。片づけというものを論理的に行う方法論を理解していなかったこともありまして、読んでとても納得できました。

実際、僕はこの本を読んで、「使える」と思う部分を自分のデスクの整理・整頓をするために取り入れて、その状態を維持することも、本に書いてあるようにやってみています。今の所、ある程度はうまくいってます。

まぁ、僕自身が片づけ苦手な人間でしたので効果の程は実証済みです。
詳しくはこの本を読んでいただけると分かると思います。

片づけ苦手の方への、おすすめの1冊です。


文:飛鳥井 羊右

拍手[2回]



「TOKYO PAPER for Culture」
サイズはタブロイド判、新聞の半分のサイズですね。
東京文化発信プロジェクトというところから発刊されている
東京の文化を伝えるフリーペーパー。
全編、日本語の文章に英訳がついている。
文字の小ささからすれば20代~30代がメインターゲットなのだと思います。

「東京の文化を知る、深める、高める」がモットーとのこと。
デザインはグリッドシステムを使い、スッキリさっぱりしていて良いなと感じました。
情報ページの文字の小ささにはちょっと読むのがつらいと…
これは歳のせいなのかも(笑)

 
しかし、このフリーペーパーをどこで手に入れたのか全く覚えていないので、
どこで手に入るのかわかりません。
おそらく東京駅周辺だったのだと思うのですが…
webサイトがあるのでそちらで見る事が出来ます。

「知床 羅臼祭」
サイズはB5判。三菱地所の「食育丸の内」から発行されているフリーマガジン。
知床の羅臼にスポットを当て、その地方の食材を使った料理を提供するお店の紹介。
食材自体がどうやって提供されるのか、原産地のことも
知る事が出来る内容になっています。

中のデザインも読みやすく良いのですが、色使いに驚きました。
地色に濃い緑や水色を敷き、スミ文字と白抜き文字を共存させているのですが、
ここまで濃いとスミ文字が見づらくなるだろうと不安になって、
僕にはできない配色です。その部分に軽くショックを受けました。


北海道の地元の漁師さんなどを取材した記事も地域色を出しつつ、
東京という場所を意識してのスッキリとしたデザインになっています。
まぁ、この冊子は色使いに驚いたのが一番ですかね。

今回ご紹介したフリーペーパー、フリーマガジンは、
どちらも東京駅周辺で配っていたもの(だと思います)なので、
その場所で配付されること意識してデザインされているように感じました。
各地域にはそれぞれの地域色というものがあると思います。
東京にも東京の地域色というものがあるんじゃないか…と。
これらの冊子を見ながらちょっと考えました。

文:飛鳥井 羊右

拍手[1回]


中経の文庫
(株式会社中経出版発行)
和田秀樹 著

「5分でまとめ」て「3分で伝える」と聞くとなんだかまどろっこしいな…と思われるかもしれません。でも、話の内容をまとめ(要約し)て伝えることが苦手な人は、まずはここから始めてみましょう…とこの本では言っています。

それができるようになればあとは慣れの問題。意識を継続していくことで、まとめる時間も伝える時間もどんどん短縮されていくそうです。

冒頭の導入に
話の「うまい人」、「うまくない人」
理解力・読解力の「ある人」、「ない人」
情報をきちんと「伝えられる人」、「伝えられない人」
その違いのポイントは情報や自分の考えを「まとめる力」
の有無にあるのではないか…
とあります。

そして著者はこう言います。
「まとめる力」と「伝える力」は誰にでも獲得できる技術であり、その訓練方法があるのです。と…

なぜ、そうなるのか、なにが問題なのか、そしてそのトレーニング方法は?
それがこの本には書いてあります。

カバー袖にこうあります。
交渉、説得、スピーチ、会話のすべてに強くなる!
考えを「言葉にまとめる能力」が身に付けば、
コミュニケーションは飛躍的にうまくいくのです。

「言葉にまとめる能力」これがあればもっとうまく文章も書けるし、人に自分の思いを伝えることができ、人の話も良く理解できるらしいので、その秘密を知りたくて読みました。なるほど!と思えることが多く、とても参考になりました。

「普段の会話、会議、交渉ごとなどが苦手」
「文章を簡潔に分かりやすく書くことが苦手」
などと感じている人には、おすすめの一冊。

表紙イラストは寄藤文平氏…
「うちの本棚この人のイラストが描かれている本多くない?」と
妻に言われました。
はい、多いです。
つい手にとってしまう癖がついてしまってますね。

文:飛鳥井 羊右

拍手[1回]

スイミーで有名な絵本作家レオ・レオニ氏の展覧会です。
絵本の原画はもちろん、ドローイング作品や立体の作品まで展示されています。

f5b51770.jpeg
 
あまり絵本のことについて詳しくないのですが、うちに1歳の娘がいるので、絵本を見たり、読んだり、選んだりする機会が増え、レオ・レオニ氏の絵本が40冊ほど出ていることも知りました。
 
丁度、展覧会も開催されているということで見に行ってきました。
レオニ氏がグラフィックデザイナーであること、孫のために絵本を作り始めたことなどを知り…
なるほど、確かに抽象的表現などもあり視点がいわゆるイラストレーターとは違うと感じます。

201307_asukai002.jpg201307_asukai003.jpg
 
レオニ氏がどのように作品を作っているのか、原画を見るとわかることがあります。
コラージュという手法を良く使っていますが、その素材自体も展示されていました。
内容に合わせて表現手法を変えていたそうです。
 
プロジェクターでスイミーが壁に投影されていて近づくと逃げていくというインスタレーション展示もあり、展示として楽しめると思います。(うちの娘はこれが気に入っていました)
 
2013年8月4日(日)まで
渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催しております。
 
 
ご興味のある方は是非。
 
まず1冊だけ「あそぼうよ」という絵本を買いました。

201307_asukai004.jpg

 
娘も気に入っていてめくりながら指さしします。
キャラクターも可愛いので少しずつ増やしていこうと思っています。
 
 
文:飛鳥井羊右
 
 
 
 
 
 

拍手[0回]

「ネンドノカンド 脱力デザイン論」佐藤オオキ
 
雑誌DIMEに連載されていたものが単行本化されました。
デザインオフィスnendo代表 佐藤オオキ氏が自身の手がけた仕事についてゆる〜く語っています。
 
・世界的に注目されている日本人デザイナーの思考はどうなっているのか?
・国内外40社、80件の仕事が同時進行している中での、アイデアを出す方法論とは?
・職人さんの技術を使い、本人たちが思いも寄らない方法で新しいものを作り出す発想とは?

20130523asukai001.jpg
 
佐藤オオキ氏は自分をデザイナーだと言います。
インテリアデザイナー、プロダクトデザイナー、ファッションデザイナーなど
デザイナーにも「○○デザイナー」と分類がありますが、
本人的にはそのような分類は無く、
「デザイナー」だと。
 
これは、初めから枠にとらわれない物の考え方、取り組み方を
意識している(というか自然にそう思考している?)のだと思います。
 
仕事のやり方を見ていますと、国内外関わらず現場へ行って
直接コミュニケーションを取り仕事しています。
本書を読みますと、やはり、デザイナーには
コミュニケーション能力が不可欠だと感じますね。
 
それと、アイデアの出し方。
自分を真っさらなフィルターの様な状態にして、
フィルターに引っかかるゴミのような些細な違いというか
違和感のようなものを捕らえます。
それを丁寧に集めることがデザインすることだと。
「すごく新しい、すごくおもしろい」ではなく
「ちょっと新しい、ちょっとおもしろい」が良い。
 
そのためには「脱力」することが大切。
普通の感覚が大事で当たり前のことの中にアイデアの種があり、
それをキャッチするには脱力が必要なのだそうです。
 
脱力したニュートラルな状態というのは「デザイナーの感覚」としては
大事なのかなぁと思います。
 
 
本書は世界的に注目され、活躍している佐藤オオキ氏の
ゆるくておもしろ〜い仕事エピソードが満載です。
 
新しい発想のヒントとなるような気がしますが、
まぁ、それはそれとして、非常に面白く読める本ですので、おすすめします。
 
ブックデザインは祖父江 慎 氏です。
版面の取り方が不思議ですが手に持つと意外と下の空きが持ちやすい。

20130523asukai002.jpg

 
本のデザインも少し変わっていますのでそこにもご注目♪
 
文:飛鳥井羊右








 

拍手[2回]

 僕は特に車が好きということが無いので、今まで車のカタログを見た事が無かったのですが、車好きの妻が最近集めたカタログをいくつか見てみました。
 

車のカタログ
 

 車が好きな人にはマシンとしての性能や目玉の技術など、スペックが知りたいのだと思います。その情報からどの走り心地が硬いのか柔らかいのか、操作感覚は軽いのか重いのか、小回りが利くのかなど、色々なことが分かり想像できるのだと思います。そういった方にとっては必要な情報が不足無く入っていることが大事なのでしょう。

 ただ、僕はそれよりもどんなコンセプトの車なのかを見てみようとカタログを開いただけなので…。そういう目で見てみると、HONDAフリードのカタログが表紙を開いた最初のページから「ファミリーカー」としての使い方、そしてそのライフスタイルの提案を意識して誌面作りをしています。

車に疎い僕にはすんなりと入って来たのはこのカタログです。

 

フリードカタログ

 

写真を大きく扱い点数も少なく、文字組もゆったりと大きく、詰め込まずに空きのスペースも十分に取り、写真の色味も明るく、全体に軽やかなイメージです。

写真自体も家族でいろいろな所に出かけるシーンを切り取り、そのような生活が想像できるような作りとなっています。

 

フリード1面フリード中面

 

 車としての走りの良さや技術的な売りなどがメインのカタログが多いのは当然で、車のカタログを見る人には車好きが多いはずで、そのあたりに訴えかける為にはマシンとしての良さを打ち出すのは当然だと思います。でも、切り口を変えると似たような車でもカタログの作りがここまで変わるんですね。比較してみるとよくわかりました。

エスティマハイブリッドエスティマプレマシー

他のカタログは最初にファミリー感を出してはいません。

どちらが良いかは受け手により違うのでしょうけれども、僕はフリードのカタログの構成とデザインが気に入ったのでご紹介しました。

 

文:飛鳥井 羊右






 

拍手[1回]

20131/26(土)に桑沢デザイン研究所のSTRAMDという講座の公開シンポジウムへ行ってきました。場所は東京ミッドタウンのカンファレンスROOM7。

「企業経営のデザイン思考」と「次世代型実務家人材(デザイニスト)育成」というテーマでした。講座を始めてから3年が経ち、その総括と今後のお話という予定(チラシにはそうありました)でしたが、実際は、講師の方々の自己紹介と受講生の自己紹介&受講しての感想(得たもの)などが第1部で、第2部はゲストの方の自己紹介などでした。

まず講師の方々が、STRAMDという講座を立ち上げたきっかけを話してくださいました。

デザインが世の中に出て行くにはその物を良いものとし、世に送り出す最終決定者としての「経営者」が居るはずで、その人達の判断力を育てることが必要なのではないか。その判断が間違っていたら世の中のためになる良いデザインは世に出て行かないのだから

また、デザインの学校を出て自分の作品を作り個展やイベントなどで発表する、デザイン=アートというような捉え方をされている方が多いとの話から、デザインはアートとは違って分かる人にだけ認められれば良いというものでなく、世の中の多くの人を幸せにするものであるのだと

更に、マーケティングにより現在ある分野への商品の投入などに留まらず、新しい事業を起こしたり、新しいマーケットを作り出す力が経営者には求められ、そのためのアイデアや解決策などは「デザイン思考」にあるということです。経営にデザイン思考を用いることのできる人材の育成のための講座がSTRAMDなのだと思います。

現在の問題・課題は何なのか、それを見極め、分析し解決策を導き出す。それはデザイン作業と同じであり、その思考論こそが経営者に必要な能力であるのだとの話も出ました。

具体的にどのようなことをやるのかはSTRAMD公式ブログを見ると分かるようですが、とにかく受講生の話に熱を感じました。皆、熱い思いを持って受講していて、中々面白そうな講座だと思いました。

講座が2時間半で終わり、その後に懇親会がありましたので、折角ですからそちらも参加させていただきました。何人かの方とお話をさせて頂きましたが、デザインの力というか可能性というのは、自分が今まで思っていたよりもずっと広い世界に対して使えるものなのではないかという、希望のようなものを感じることができました。

大変面白かったです。

 

STRAMD 戦略経営デザイン人材育成講座 ブログはこちら

http://stramd.kds.ac.jp/blog/

シンポジウムの様子はUSTREAMで中継したらしく、今後録画したものが見られるようになるらしいです。興味のある方はそちらをご覧下さい。

文:飛鳥井 羊右




 

拍手[0回]

 

「世界の美しい 欧文活字見本帳 嘉瑞工房コレクション」

130122_a01.jpg

 

活版印刷では有名な嘉瑞工房が今までに集めた、世界の活字鋳造所の活字見本帳を紹介している本です。

 

130122_a02.jpg

130122_a03.jpg

 

僕たちが仕事で使っているデジタルの書体の中には元々活字だったものが数多くあります。それらが活字として誕生した時、どのような見本帳が作られたのかを見る事ができます。

同じ書体でも活字の時代とデジタル化したものとではデザインが若干変わっているものがあったりしますので、今と昔の違いを見比べるのも面白いです。何よりも、当時の組み見本がとても綺麗なのです。活版でこれだけの印刷を行っていた当時の技術にとても驚きます。

 

 

「きれいな欧文書体とデザイン」甲谷 一

こちらは欧文書体の基本的知識からその書体を使ったロゴタイプ作りの手順を作例を見せながら紹介している本です。

 

130122_a04.jpg

 

欧文書体についての解説は簡単ですが分かりやすく、勉強を始める人におすすめなのはもちろん、ロゴタイプ作りの手順は実務者にとっても役立ちますので、初心者から実務経験者まで幅広く使える本となっています。本自体のすっきりしたデザインも見やすくて良いですし、組版が綺麗だと思います。

 

130122_a05.jpg

130122_a06.jpg

130122_a07.jpg

 

2冊とも欧文書体に関する本ですが、見て楽しむ本と実務者に対する解説本と内容は全然違います。ただ、どちらも欧文書体に興味がある人には楽しめる上に勉強になること間違いないので、是非おすすめしたい本です。

 

文:飛鳥井 羊右







 

拍手[0回]

  
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]