忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

カテゴリー「飛鳥井のお気に入り」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イラストレーター中村佑介さんの著作です。



Twitter上で行われている「中村佑介のイラスト講座」を
再編集、加筆修正したものです。

元々、好きなイラストレーターさんで、
このTwitter上での講座も好きで拝見していました。
それが出版されましたのでご紹介します。

一般の方の描いた実際の絵を元に、
どうしたらもっと良くなるか、
魅力的になるか、見た人に伝わるか…
具体的にアドバイスしているのを収録した本です。



構図や色の使い方、主題の目立たせ方など…
デザインの基礎のような話が多く非常に分かりやすかったです。
プロのイラストレーターとなるには
クライアントからの要望に合わせて絵を描かねばなりません。
そのためにはデザイン的知識と感覚が必要なのだと感じました。



終わりの方では学校の選び方など、どうやって絵の勉強をしたら良いのか、
又、絵を勉強したいという子の親など当事者の周りの人は
どう応援していってあげたら良いのかなどのアドバイスもあり、
絵を描く事が好きな人に対する愛情を感じました。

絵を描くことを止めたり諦めたりしてしまう人を
減らしたいという気持ちなのだと思います。

直接的に絵の描き方などは紹介されていません。
どういった勉強が必要かがわかるようになっています。

これらの知識はデザイナーにも必要なもので、
やはり、イラストレーターとデザイナーには
共通した知識が必要なのだと再認識しました。

ちなみに、中村さんは印税を削って本の価格を低く抑えています。
これで沢山の人に絵を描くことを
続けていって欲しいと思っているのだそうです。

絵を描くのが好きな人で伸び悩んでいる人や、
デザイナー志望の方にもオススメの本です。

文:飛鳥井 羊右

拍手[0回]

グッドデザインカンパニー代表 水野 学さんの著書タイトルです。



“センス”とは、特別な人に備わった才能では無い。
それは、さまざまな知識を蓄積することにより
「物事を最適化する能力」であり、
誰もが等しく持っている。

と帯に書いてあります。

センスというのは生まれ持ったもので
センスの良い人は初めからセンスが良く、
センスの悪い人はずっとセンス悪いまま生きるしかない…

私は今の仕事を始めた頃は
そんな風に思っていました。
自分にはセンスが無い…自信がない…
センスの良い人にはかなわない…と。
ところが、そうでも無さそうなのです。

この本は、「自分はセンスが無いなぁ…」
としょんぼりしている人にとっての希望の本です。

客観的知識を多く取り込むことによって
センスは磨かれて行くのです。

普通、標準、王道、流行。
それらのものを見分ける目を磨くことで
どういったものが最適かを選ぶ力が養われるということ。
「最適化」がキーワードです。

センスが無いということで諦めてしまっている人に
おすすめの1冊です。


誠文堂新光社から出ている
「good design company 水野 学」



グッドデザインカンパニーの仕事とその方法論や考え方を
実際の制作過程などを見ながら知ることができます。
こちらもおすすめです。


文:飛鳥井 羊右

拍手[2回]

贈答品としては定番とも言える「赤坂柿山」の米菓。
そのカタログです。



コンパクトなカタログで、
柿山のイメージを表現しているのがとても上手いと思いました。

風合いのある紙に空押しがしてあり、出っ張っています。
パッと見ると祝儀袋のようにも見えますが二つ折りのケースになっています。
開いてみると、中から短冊形の紙が6枚出てきます。
これが商品カタログです。



おもて面の写真は白い器と花、そしておせんべい。
花と米菓以外はモノトーンで統一し、シックな雰囲気を醸し出しています。
全体に湿度を感じるようなしっとりとした色合いです。



和を感じるものでありながらモダンに見えます。
日本の伝統文化が感じられるような写真となっています。
うら面には商品写真と説明が載っていますが、こちらの写真は明るくキレイです。
デザインもシンプルでとても品が良いと思います。



また、ケースの内側には「贈ること」について「赤坂柿山亭主」の言葉があり、
どのような気持ちを込めているかが短く語られています。
他に、季節毎にどんな贈答の機会があるのかの解説もあります。
冠婚など、その他のお祝い事についても書いてあり、
どんなときに贈り物をするのかが簡単にわかるようになっています。



カタログで「贈る」という日本の文化を伝えています。
そして、日本の伝統的な雰囲気を盛り込みながらモダンにデザインすることで、
柿山のブランドイメージを作り上げているのだと感じました。


文:飛鳥井 羊右

拍手[3回]

「それでいいよ だいじょうぶ」
「家庭教育手帳」


この2冊は15年以上前に当時、健康診断を受けた保健所で
たまたま手に入れたものなのです。
それを最近書棚から取り出して、また読み返しています。


子育てを始めた人、つまり親となったばかりの人から
未就学児を育てている人のために配布されていたものだと思います。
現在も新しいものが手に入るらしいです。
(これは古いものです。発行が厚生省と文部省となっていますので…)


絵柄は可愛らしいですが、しっかりした内容です。

現在私の娘が3歳になり、できることが増えてきたりして、
日々成長していく中で、こんなときどう対応したら
本人のためになるのかな?と考えることが多くなりました。

そんな時の親の気持ちの持ちようといいますか、
持って行き方、又、どう見守っていくのかと
心得のような感じで書かれています。

決して、「こうしなさい」と書いてあるものでは無いのですが、
ヒントとなるようなことが書いてあります。
当たり前ですが、一番大きなポイントは
親の生き方が子どもの生き方に影響するということでしょう。
親の背中を見て育つものですからね。

また、困ったときにはこういったところが相談に乗ってくれますよ。
と連絡先も書いてあったりします。
それは新しい本の方が良いと思いますが…


手に取りやすくコンパクト、親しみやすくて分かりやすい。
読んでいて楽しめるのがとても良いです。
デザインもゆったりとして読みやすいです。

赤ちゃんが生まれてから親としての人生が始まるので、
右も左もわからないのが当然です。
子どものためには親をサポートすることがとても大事なんでしょうね。

そのための本としては
とても良いものなのではないかと感じました。

文:飛鳥井 羊右

拍手[2回]

昨年いくつかのイベントに行き、パンフレット類を貰ってきた中で
「オーガニックワインの話」
「かえる。くらし。すまい。」
というパンフレットが良いなと思いました。



どちらにも共通することは、手描きイラストを使い雰囲気を出しているところ。
しかも文字の組みも読みやすくキチンと考えられています。



バランスがとても取れていて、見ていて安心します。



「オーガニックワインの話」の方は色使いがとてもステキです。
谷山彩子さんのイラストとのこと。
装画などで有名なイラストレーターですね。
全体はデザイナーがコントロールしているのだと思いますので、
色指定などもデザイナーなのかもしれないですね。
とても良い雰囲気が出ています。





「かえる。くらし。すまい。」はフルカラーなのに
2色使いに見える色の選び方抑え方が上手だと思いました。
茶色とグリーンで揃えることで植物やエコのイメージが出ます。
イラストも緩くてカワイイのがなごみます。



時々こうした良いパンフレットに出会うと嬉しくなります。


文:飛鳥井 羊右

拍手[1回]

全農が発行している月刊のフリーペーパーです。(電子版もあります)
http://minoriminoru.jp/agrifuture/
全国の農業、食料生産者を取り上げ、どのような想いで作っているか、地域でどんな取り組みをしているかを毎月地域を変えて特集しています。


銀座三越に入っている「みのる食堂」というレストランの入口に置いてありました。
そこで食事をしたときに貰ってきた物です。

現在、食に対して改めて考え直さなければならない色々な問題が日本にはあります。
それを身近に感じさせ、考えるきっかけを与えるための「みのりみのるプロジェクト」というプロジェクトの一つとして発行されているそうです。

私も、ベランダで野菜を育ててみたり、田んぼのお手伝いをしてみたりと色々と食に対しては興味を持っている方ですので、このフリーペーパーには「おっ!」と思いました。

なんと言っても、この冊子のデザインがかなり遊んでいて良い。表紙など私にはこのテイストは中々出せないなぁと感心してしまいます。そして、ライター、編集者、アートディレクター、デザイナーが皆楽しんで取材し制作しているのが誌面から伝わってきます。


取り上げられている生産者の皆さんが格好良く紹介されていて、国の食を支える農業は食べなければ生きていけないという根幹を支えるということがどれだけ格好いいことなのかを伝えてくれます。


以前から農業を仕事としている人は「スゴイ!」「格好いい!」と思っていました。
安全な食物を安定的に生産するということ。これがどれだけ難しいことなのか。そんな生産者の想いに触れられるとても良いフリーペーパーだと思います。

文:飛鳥井 羊右

拍手[1回]

仕事柄、普段から雑誌やムック本のデザインレイアウトが気になるのです♪


「ソトコト」
1冊通してのテーマが「ソーシャル&エコ・マガジン」なので、
全体としてはそのテーマに沿った記事なのですが、
デザイン的にはバラエティに富んでいて
飽きさせないように工夫されている。
多少読みやすさを犠牲にしている部分もあるが、
20代〜30代向けで活気を感じさせるデザインになっている。
色々な記事の集合という雑誌らしさがある。




「LIVES」
建築雑誌でも子供のいる家庭向けとターゲットを絞っているが、
全体的には、スッキリ、カッチリしたデザイン。
建築系なので少しクールな印象で、読みやすい。
これも20代〜30代向けだが、ソトコトとは
デザインの方向性が全く違っている。



「Soltero」
2004年に発行されたムック本で
「27歳からの都市生活向上マガジン」というテーマ。
全体にとてもスッキリ、サッパリとしたデザイン。
10年前の本だが、デザインのシンプルさと
少し変化を出すためのデザイン的な遊びがある。
見た目の面白さが出ていて、読みやすさも保っている。



どれもそれぞれ気に入っている雑誌・ムック本なのですが、
ターゲット年齢層が近くても、その読者がどんな志向なのか…
その設定の仕方でデザインに大きく違いがでるものなのだと
改めて思いました。

こういったところも意識してデザインをしていきたいですね。

文:飛鳥井 羊右

拍手[1回]

「まちモジ」小林 章 著
街中の看板って色々な文字があると思いませんか?
手書き風なものから活字の物まで。
世界中の色々な看板文字を豊富な写真で見ることができます。



サブタイトルに「日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?」とあります。
そういえば、改めて考えてみると日本の看板文字に丸ゴシックが
確かに多いなぁと思うのですが…理由が分かりませんでした。
その多い理由がわかって「あ~そうなんだ!」とちょっと納得します。

海外の看板文字のことも知ることができます。
日本とは違いますし、手書き看板の解説も。
また、欧文フォントのについての豆知識も載っていて、おもしろいです。

まずは、日本の看板文字になぜ丸ゴシックが多いのか?
その理由が知りたい方はぜひ読んでみてください。
そして、国ごとに違う文字の印象や使い方を見ておもしろがってください。
お薦めです。

文:飛鳥井 羊右

拍手[1回]

  
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]