忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

カテゴリー「田島のお気に入り」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「エネルギー問題」ということは随分前から言われていたものの、
やはり3.11が身近な問題と捉えるきっかけになったという人は
多いのではないでしょうか。
そして浮き彫りになった問題のあまりの大きさに、
どうしたら…と、わたしのように立ちすくんでいる人も多いはず。
 
130614_t01.jpg
 
アートディレクターの永井一史さんが
3.11のあと、エネルギー需要の高まる夏を前に
30人の若手デザイナーを交えてワークショップを行われました。
この本は、そのワークショップを1冊の本にまとめたものです。
 
テーマは、「エネルギー50%時代の新しいライフスタイルを考える」。
 
第1章ではデザイナーがエネルギー問題を考える必要性について、
第2章ではエネルギー50%社会をデザインするために
重要な情報が簡潔にまとめられています。
アイディアの下地となる部分が1・2章で紹介されているので、
自分も31人目のデザイナーとしてワークショップに参加しているようで
思わずわくわくしてしまいます。

130614_t02.jpg
 
そして第3章で紹介されているのは、
30人のデザイナーの、30のアイディア。
どれも、柔らかくて、明るくて、新しい。
ひとつひとつに幸せの可能性が詰まっているようで、
見て見て!と誰かに教えてあげたくなるものばかり。
(実際、コンビビアお気に入り紹介の時間では
30のアイディアをひとつずつ紹介してしまいました。
皆さんとても興味をもって聞いてくださいました。)
 
130614_t03.jpg
130614_t04.jpg

 
立ちすくんでいた自分も、この本を読んだあとは
まるで柔軟体操をして体がほぐれたように、
すっと一歩が踏み出せそうな気持ちになりました。
 
「現状に不満を言ったり、批判をしているだけでは何も変わらない。
デザインという方法論を通じて、まず変化を生み出す当事者になってみること、
そこから少しでも良い未来が紡がれていくだろう。」
 
この本のまえがきに書かれていた、永井一史さんの言葉です。
わたしたちの未来を、わたしたちで作っていく。
世界中の人が一人残らず参加している、大きな大きなプロジェクト。
さあ、これからどんな世界にしようか。と、
身近な人との会話からはじめるのも良いかもしれませんね。
 
 
田島









 

拍手[2回]

130418_t01.jpg

この本は、通っていた美術予備校の先生が
オススメしていたものです。
「色面構成の参考になるよ」と聞いて、
色面構成が苦手だった私は、あわてて本のタイトルを
エスキース帳に書き込んだ憶えがあります。

130418_t02.jpg

 
CMYKの4色印刷へのアンチテーゼとして企画されたこの本。
1色から3色の、色数を絞った印刷物ばかりが載せられています。
それも、世界中から応募された中の、
選りすぐりの作品というのが面白い!
 
もともとローコストを目的とした1~3色印刷ですが、
上手に使うと新鮮な感じをあたえられるということが
この作品集を見ていると、よく分かります。
私がこの本を開くのは専ら色の組み合わせに悩んだ時です。
本の中の作品を眺めて、自分の中になかった色の組み合わせを
見つけて真似をしてみたり。

130418_t03.jpg
 
この色とこの色を合わせるなんて!
しかもそれがカッコイイなんて!
と、何度開いても驚いてしまいます。
様々な国の作品が載せられているので、
日本ではあまり見られないような色の取り合わせを
見ることができるのも、この本の魅力です。

130418_t04.jpg
 
また、この本の序文にも書かれていたことですが、
色数を少なくすることで色で誤摩化すということができなくなり、
他の構成要素が際立ってくるという効果もありそうです。
作り手にはプレッシャーでもありますが、
やりがいにつながる、面白い特長であると思います。
 
制限を設けることで、その中で
いかに魅力的なものを作れるかと
試行錯誤する面白さ。
準備万端で行くキャンプも良いけれど、
少ない道具で「これを、こうしたら…」と
あれこれやってみるのも楽しい、というのと
似ているでしょうか。








 

拍手[3回]

展覧会や映画館、駅の構内など、
様々な場所で見かけるテイクフリーの印刷物。
お!と思って持ち帰ったものの中から、
今回は、2つをご紹介をさせていただきます。

130208_t03.jpg
 
ひとつは、昨秋、埼玉近代美術館で開催された
「日本の70年代 1968-1982」のフライヤーです。
この色彩、この密度。手に取って開いてみると、
さらにスゴイことになっております。
 
熱風が渦巻いているような呼吸のしづらさに
ちょっと尻込みしてしまいそうになるけれど、
なにやら面白いものがまぎれていそうな高揚感です。
70年代を知らない目には、このギラギラした
サイケデリックな色使いが新鮮に映ります。

130208_t04.jpg
 
もうひとつは、「SHIBAURA HOUSE news paper」の
2011年6月号です。
「SHIBAURA HOUSE」は、2011年7月にオープンした、
東京港区にあるワークショップ・コミュニティスペースです。

130208_t01.jpg
 
こちらは打って変わって、爽やかで明るく、
すーっと風が通り抜けるような雰囲気。
文字やラインの活版のようなニュアンスは
人のぬくもりを感じさせてくれます。
 
このフリーペーパーをデザインされた smbetsmb さんは、
「PLY.」という、印刷を主とした「人の手による生産行為を
見直す」プロジェクトを運営されていて、
人のつながりを支える場所としての「SHIBAURA HOUSE」と
「人」というキーワードで共鳴しているように思われます。
内容も、デザインも、同じほうを向いていると感じられる、
魅力的なフリーペーパーです。

130208_t02.jpg
 
デザインの方向性を決めるときにヒントとなるものは
言葉や色など様々ありますが、
このフライヤーやフリーペーパーと改めて向き合って、
温度・湿度というのも大きなポイントになると気づきました。
こもるような熱のデザイン、爽やかな風のようなデザイン、
人の手の温かさを感じるデザイン…などなど
目で見て、温度や湿度を感じられるデザイン。
心がけてみようと思います。









 

拍手[3回]

121212_t01.jpg

お賽銭箱の奥の、真っ暗な祠の中。
なんとなく、見ては罰当たりな気がするけれど、
何があるのか気になって仕方ない。
そこで、お賽銭を入れて(許されたような気になって)
木の格子の隙間から、真っ暗闇を覗いてみる……
 
藤井保さんの写真集「ニライカナイ」を見ていると、
その時の気持ちがよみがえります。
日本の海に浮かぶ島々の風景を切り取った写真集。
目をこらすと暗闇に浮き上がってくる景色は、
静かで、厳かで、少し怖い。
テレビのように、ただ目を向けていれば良いような
光でいっぱいの表現世界とは正反対で、
この写真集の世界は、こちらの「見たい」という
気持ちや、想像力が不可欠です。

121212_t02.jpg
 
最初、明るい蛍光灯の下で本を開いた時は
その「見えない」ことに驚きました。
コントラストが弱くて暗く撮られた写真が多いのです。
でも、写真の黒に光が反射することの無い
薄明かりのなかで開くと、
この写真集はぐんと魅力的になります。
写真のうしろの青色も、
こんな主張の強い色を合わせるとは!と驚きましたが、
人を寄せつけない深海のような色は、
写真の世界観を際立たせているようにも感じるのです。

121212_t04.jpg
 
見たいと思って目をこらす。
そうして見えてくる風景には、
その時の自分の心の有り様までもが
写り込んでいるように感じられるのです。
昼も夜も明るいことに慣れた目を
リセットしたい時に、この写真集を開きます。

121212_t03.jpg
 
文:田島







 

拍手[2回]

今年の夏、初めて東京国際ブックフェアに行って参りました。
お台場にある国際展示場の広い空間に、とにかく本、本、本。
図鑑や絵本や洋書など、様々なジャンルの書籍を
つまみ食いをするようにちょこちょこ楽しみながら歩いていたら、
装幀コンクールというコーナーに辿り着きました。
そこには造本装幀コンクールの入賞作品が並んでいて、
どれも目の覚めるような、素敵な装幀の本ばかり。
そこで今回紹介させていただく本、
『おやすみなさい。良い夢を。』を見つけました。

121018_t01.jpg
 
手にした瞬間、お気に入り決定。
うまく言葉にできませんが、装画も、紙も、重さも、
すべてがタイトルの『おやすみなさい。良い夢を。』という言葉に
「ピタッ」とつながっているような感覚です。
そして帯が上がっちゃってるなと思って下ろそうとした時、ハッとします。
 
カバーと帯がひとつの紙で、折り返されているのです。
この宙に浮いているような無重力感も、
ふとんに包まってうとうとしている時間とそっくり…(のような気が)

121018_t05.jpg
 
他にも、花切れがパジャマの柄のようで可愛かったり、
のどに控えめに色が差してあったりなど、
嬉しくなってしまうアイディアが随所に散りばめられています。

121018_t04.jpg
 
これだけ盛り沢山だと押し付けがましくもなりそうなのに
そうなっていないのが不思議ですが、
様々なアイディアが集まったその中心に
『おやすみなさい。良い夢を。』という言葉が
芯のようにすっと一本通っているからではないかと思います。
が、本当のところはどうなのでしょう…?
たくさんのアイディアをまとめる方法、とても気になります。
デザイナーの方にお聞きしたいところです。
 
ところで、そのデザイナーさんに関しましてもうれしい驚きがありました。
私が以前にお気に入りとして紹介させていただいた『ku:nel』と、
今回のお気に入り、どちらも有山達也さんが関わられているデザイン!
気づいたのはつい最近。「あ~やっぱり惹かれてしまうんだなあ」と、
うれしくて、ちょっとくやしいような気もする発見でした。

121018_t02.jpg
 
『おやすみなさい。良い夢を。』というタイトルですから
もちろんベッドに横になって読んでみました。
すると、ふんわりした軽さは腕を疲れさせないし、
帯がずるずると落ちてくることもないし、
ゆったりした文字組は気持ちを落ち着かせてくれる。
やっぱり、「ピタッ」としていますね。

121018_t03.jpg
 
 
文:田島







 

拍手[2回]

120827_t01.jpg

日本最古の神話「古事記」をボールペンで絵物語にした、

この『ぼおるぺん古事記』。

作者は漫画家のこうの史代さん。ブックデザインは、

祖父江慎さんが代表をつとめる会社「cozfish」の

佐藤亜沙美さんです。

 

お気に入りの理由は、内容が面白いことは勿論なのですが、

それを引き立てるブックデザインが楽しい!

120827_t02.jpg

 

まず目に飛び込むのは、本の高さの4分の3程もある太い帯。

「古事記なんて古い書物、難しそうだな~」なんて心配は、

この帯の賑やかな文字組とイラストが吹き飛ばしてくれます。

カバーに使われている手触りの良い紙も、

親しみやすい雰囲気を作っています。


120827_t03.jpg
 

そうして本を開いてみると、冒頭にこうのさんの言葉、

それからボールペンでびっしりと書かれた古事記の原文…

目が眩みそうな密度です。

こうのさんの真剣さがひしひしと感じられます。

この部分のみ綴じ方を変えているという凝り方も、

読者のこころをくすぐりますよね。

120827_t04.jpg

 

本編である漫画の部分は、

下部の注釈で言葉の意味を確認しながら読み進めていきます。

漫画としては厚い本ではないのですが、

注釈を確認しつつ読んでいると、結構な読み応えがあります。

それでも一気に読めてしまったのは、古事記本来の面白さに加え、

古事記の世界を読み解き、漫画におこしたこうのさんと、

その漫画の魅力を的確に捉えて本のカタチにした佐藤さん、

おふたりの表現力があってこそだと感じました。

 

ちなみに以下は本の冒頭に書かれている、こうのさんの言葉です。

 

「玉のついた矛が

 国生みを助けたように

 玉のついたペンが

 この作品を

 導いてくれるはずだ」

 

ボールペンと古事記という異質な組み合わせが、漫画を読んでからこの一文に戻ると「なるほど!」と納得できてしまいます。

 

 

文:田島









 

拍手[2回]

120619_t01.jpg

最初は、1枚のフライヤー。

 

「オリッサ・オディッシー 東インドの踊りと暮らし展」という

展示会の開催を伝えるそのフライヤーは、

早くも無難なデザインのマニュアルを探し始めかけていた私の目には、

はっとするほど鮮やかに映りました。

 

デザインには正解がないからこそ、いくらでも面白くなる

 

そう教えてくれたこのフライヤーをデザインされたのが、

植原亮輔さんでした。

 

 

 

次は、昨年gggで開かれた「TDC展」。

 

様々なタイポグラフィ作品の中に、

渡邉良重さんの「12 Letters」がありました。

 

一度触れたら忘れない、やさしくて、どこかひっそりとした、

渡邉良重さんの美しい世界。

渡邉さんの作品も、ものをつくることの喜びや、

自由であることの面白さをはっきりと感じさせてくれるものでした。

 

 

 

そうして私にとって自由の象徴となっていたお2人が、

「キギ」として再スタートされました。

 

その出発点である今回の「キギ展」には、今までにお2人がそれぞれ、

あるいは一緒に取り組まれた作品が会場に所狭しと展示されていました。

そのどれもがユニークで、じっくり見ていたいものばかり。

 

しかしファンの多いお2人の展示会は当たり前に訪れる人も多く、

ひとつの作品の前に何分も、というわけにはいきません。

帰り掛けには迷わず作品集を購入しました。

 

120619_t03.jpg

 

実際に貼り重ねているようにしか見えないコラージュ風のカレンダー、

透けることで展開していく絵本、

シャンプーの詰め替え用パッケージから生まれた花瓶、

鏡の映りこみを利用したカップ&ソーサーなどなど

 

キギの作品集を眺めていると、

植原さんのフライヤーや渡邉さんの作品を目にしたときの

わくわくした気持ちがよみがえります。

120619_t02.jpg

 

そして本を閉じたときには、

「やっぱりデザインは面白い!」と、

にんまりしてしまうのです。

 

 

(巻末には植原さんと渡邉さんへのインタビューも載っていて、

「キギ」という名前の由来や、お2人のデザインへの考えなど

とても興味深いです。気になる方はぜひ。)

 

 

 

文:田島








 

拍手[1回]

はじめまして、

春からコンビビアの一員に加わりました、田島です。

 

第一回目は、私の好きな『ku:nel』を紹介させていただきます。

120413_t01.jpg

 

ku:nel』は、「ストーリーのあるモノと暮らし」がコンセプトの、

マガジンハウスから発行されている雑誌です。

誰かの素敵なライフスタイルを紹介したり、お弁当の中をのぞいたり、

うしろにちょっと読み物がついていたりと、

ゆったりとして、程よく力の抜けている雰囲気が魅力です。

 

そしてこの『ku:nel』のアートディレクションをされたのが、

アートディレクターの有山達也さん。

 

 

「かっこいい」や、「きれい」を超えて

伝わる組版を

 

 

あるインタビュー記事で、有山さんのエディトリアルデザインが

そのような言葉で紹介されていました。

この「伝わる組版」という言葉、シンプルで読みやすいというだけでなく、

なかなか深い意味がありそう

120413_t02.jpg

 

というのも、『ku:nel』をよく見ると文字組や写真のレイアウトなどで

かなり面白い試みをされているんです。

写真のために文字組をポコンとへこませてしまったり、写真を重ねて置いたり、

揃えられるところをあえて微妙にずらしたり。

120413_t03.jpg

120413_t04.jpg

 

このように『ku:nel』らしい力の抜け感を組版で表現することで、

雑誌の性格を視覚的に読者に「伝えて」いるのではないかと思います。

 

同じシンプルなデザインでも

かっちり、きりりとした組版とは少し違う

ほっと一息つくようなくつろぎの誌面。

言葉にするのも難しいような細かなニュアンスの違いを、

組版で伝えることができるというのは

とても面白いですよね。

 

エディトリアルデザイン、奥が深いです。

 

 

ぽっかり空いた午後に、明るい窓の近くで、心地良い椅子に腰掛ける。

ku:nel』を読むときのおすすめのシチュエーションです。

お試しください。









 

拍手[1回]

  
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]