忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「自分が好きな物を普段から言ってると、それが手に入るよ。

そんなことを、誰かが言ってた気がします。

まあ、全てではないとは思うけれど

120914_sa06.jpg

 

でもこのたび、本場フィンランドから

マリメッコが届きました。

「届いた」というのは大げさで、本当はお土産で長袖の

シマシマシャツとペンケースを買って来て貰ったのです。

お土産に加え、「お店の人に聞いてカタログも
貰って来てね」と、更なるお願いまでしてしまった

(こんなことはダンナにしか言えない)。

現地にはどんなカタログが置いてあるのか

手元に届くまでとても楽しみでした。

120914_sa01.jpg

 

なので、今回のマリメッコはそのカタログの話。

1冊目大判のカタログ、32ページの厚手のもの。

表紙の紙もしっかりしているけれど

触った感触は優しい感じ。

表紙には小さい文字で Moments Autumn 2012

そして写真の上にmarimekkoのロゴだけ。

ページをめくると Off to the woods! と

カタログは私たちを森へと誘ってくれています。

120914_sa02.jpg
120914_sa03.jpg

 

中面の文字も全てスミ1色。写真バックは白地がベース。

でも、ところどころの見開きには

嬉しくなるようなオレンジとかブルーの色が。

「暖かいマリメッコをまとって、
さあ秋の森へ出かけよう!」

写真もきれいで、ページをめくるのが本当に楽しい。

そんなカタログでした。

120914_sa04.jpg
120914_sa05.jpg

 

2冊目こちらはタブロイド版、秋号のマリメッコ新聞。

特集もカタログと同じ Off to the woods!

64ページもあるこの新聞は、新しい商品、

店舗やイベントの紹介や、1951年以来、その伝統が

受け継がれて来た印刷美についても語っています。

タブロイド独特の切りっぱなしのこの「いい感じ」が

中のファブリックのたくさんの柄とも響き合っています。

 

この2つの印刷物を通して改めてまた感じたこと。

マリメッコの1つ1つの柄はとても大胆で

個性的だったりするけれど、この静かな森の国、

フィンランドと素敵な関係を築いていました。

 

また機会があったらぜひ「嬉しさのお裾分け」を!

 

 

文:沢田寛子








 

拍手[0回]

120710_sa04.jpg

 

目をつぶって、全身の力を抜いて仰向けに浮かぶだけ。

時々波が来ると体全体が優しく揺られ

顔の上を海水が通り過ぎていくけれど

それ以外の時は「海のお布団」に寝ているような

そんな気持ちのいい夢のような時間…

 

何度行っても癒される島、それは宮古島です。

直角三角形のような形をした島で

沖縄本島からさらに南西に300キロで

東京からの直行便だと3時間で着く楽島。

 

ちゃんと数えたことはないけれど

私たち夫婦は、もうかれこれ15回近く訪れています。

なんでそんなに好きなのか、他にも島はあるのにと

知り合いたちは言うけれど、はまってしまったのだからと

それ以外の答えは見つからないのです。

 

毎年宮古島に行っていたので

たまには違うところへと、ある年は石垣島と竹富島

そしてある時は渡嘉敷島に行ってみたけれど

「やっぱり宮古島がいいね!」とそれ以来結局は

ずっと宮古島に通い続けています。

 

あの空気の何とも言えない甘い香り

海の透明感、サラサラした細かい白い砂。

そして飲みに行くとすぐに親しくなれる、

宮古島の人たちの温かくて優しい人柄。

 

世界中の、色々な場所で潜ったことがある人も

「宮古島の海の色は最高だね!」というのだから

やっぱりこの宮古島の海の色は格別なんですね。

 

最初の頃は、毎年のようにガイドブックを

買って持って行ったのですが

ここ何年は、現地でもらえるタウン誌を活用しています。

行き始めた頃に比べ、種類も増え、

デザインも良くなってきています。

120710_sa01.jpg

 

と言っても、ほとんどの時間を海で過ごす私たち

そんなに活用と言うほどは利用していないのですが

それでもやっぱり地図などは見やすいものがいいですね。

 

そして目指すは海。

泳ぐのも潜るのも、そしてこうしてただ浮かんでいるのも。

時間が許せば何時間でも浮かんでいられる…

なんかこう、地球に抱きかかえられているっていう

そんな感じ。

 

今回、旅のデジカメ写真は全部で204枚。

私のお気に入りの宮古島3枚をここに紹介しますね。

120710_sa03.jpg

 

文:沢田寛子









 

拍手[1回]

120509_sa01.jpg

お気に入りのものが身近にあるのは嬉しいこと。

それが寝るときも一緒にあったら、さらに最高。

真夏でも真冬でも、私が着ているお気に入りのパジャマは

このシマシマの「マリメッコ」のものです。

 

最初にこのパジャマを着たのは、小学生のときでした。

もう今からかれこれ40以上前のことです。

その当時、それがマリメッコということを知らずに

母が買って来てくれたのだと思います。

当時住んでいたスウェーデンでは、普通にみんなが

着ていたものだったのかも知れません。

でもそれ以来私は、大のシマシマ好きになりました。

120509_sa02.jpg

 

その後、ちょっとした小物入れや、ペンケースに

ストライプ以外にも、色のきれいな大きな花柄のものも

多く加わるようになりました。それらはみんな特別な日に

プレゼントでいただいたものばかりでした。

120509_sa03.jpg

 

この柄が有名な「ウニッコ(ケシの花)」というシリーズで

マイヤ・イソラという伝説のデザイナーによるものだと

知ったのは、私がデザインの勉強を始めてからのことです。

このウニッコ柄は1964年の発表以来定番となり

今も世界中の人々から愛されるパターンの1つです。

 

私がこの同じパジャマと再会したのはずいぶんあと。

今から5~6年ぐらい前のことでした

(かなり後でしたね)。

襟周りのかたちも一緒、肌触りも以前と同じで柔らかい。

着てみると、小学生の頃の幸せな気持ちが

一気に蘇りました。

懐かしいような、愛おしいような、そんな感覚。

それにしても、ずっと同じデザインでいれくれたのですね。

「そのままでいてくれてありがとう」。

マリメッコが愛され続ける秘密がここにあるのでょう。

 

このシマシマの柄には「タサライタ(Even Stripe)」

という名前がついています。1960年代後半にリーバイスの

ジーンズに合うシャツとしてデザインされ、シリーズ化が

進められていったそうです。

 

『「大胆で個性的なデザイン」はマリメッコ社の

デザイン理念です。ユニークなそれぞれのプロダクトから、

マリメッコらしさを追求したオリジナルな

ライフスタイルを提案することを念頭において、

機能的で実用的デザインをしています。』

本屋さんで見つけた「フィンランドのマリメッコ手帖」

という本の中には、このように書いてありました。

120509_sa04.jpg

 

今でもたくさんの才能あるデザイナーから

魅力的なファブリックがたくさん生まれています。

またデザインから生産、営業、マーケティングまで

一通りのプロセスがヘルシンキの東部のヘルットニエミ

という場所で行われています。

マリメッコの独自性の秘密は、「生産とデザインの距離の

近さにあると言っても過言ではない」ともありました。

 

親密な人間関係の賜物がどのラインでも生かされ

それがゆるがないブランドを

作り上げて行くのだと感じました。

 

文:沢田寛子









 

拍手[0回]

120314_sa01.jpg

 

石川直樹さんという人のことを始めて知ったのは

何年か前のJ-Waveでの対談番組でした。

人の名前は一回聞いてもなかなか覚えられないのですが

なぜかこの「石川直樹」という響きは

すんなりと、頭の中に刻み込まれました。

 

1977年生まれとは思えない、その落ち着いた話しぶりは

淡々としているというか、飄々としているというか

この人は一体どんな人なのだろうかと

とても人間的な興味をそそられる人でした。

 

その後(しかも偶然にも)同じJ-Waveで何回か

彼の声を聞き、話を聞き、私が彼に対して感じたことは

旅人であり、感じる人であり、伝える人であるということ。

 

彼が旅に魅みせられて

「何処かで何かを見たい・体験したい」と思った

その初めの旅は「青春18切符」でした。

乗り放題の安い切符で最初は日本を野宿で回ってました。

「そろそろ世界にも行きたいな」と思っていたら

高校の世界史の先生がインド好きで、それで興味を持ち

1ヶ月ちょっとアルバイトして、インドとネパールへ。
 

「生きることも死ぬことも、

ごっちゃにした混沌とした国を見て、

勉強とかにも興味持てなくなったし、少し違う方向に

いっちゃったのかもしれませんけどね」と語っています。

「色々な価値観があって、色んな人がいて、色んな考え方も

言葉もある。本当に世界は多様なんだってことを

体感しちゃったんですよね。」


120314_sa02.jpg
 

番組の中で、その後彼がミクロネシアのお爺さんに

弟子入りをしたというのでますます興味津々となりました。

スターナビゲーションという、ミクロネシアの

ある小さな島にしか伝わっていないもので、

自分が今いる位置や、行くべき方向を、

海図とかコンパスとか近代計器を一切使わないで、

風・星・太陽・波・鳥あらゆる自然現象を頼りに

導き出す技術を教えてもらいに行ったという話は

「サタワル語で星の名前を覚えさせられて」や

「カヌーが壊れたらナビゲーションどころじゃないから

カヌーも直せなきゃいけない」と言われて

私たちの想像を遥かに超えた世界がまだまだあるんだと

いうことに驚かされます。

 

2000年に、北極から南極まで人力だけで縦断する

アドベンチャー・プロジェクト「Pole to Pole 2000」の

日本代表に選ばれて参加しました。また2001年には

エベレストに登頂し、世界7大陸最高峰登頂を当時の

最年少記録を更新しています。

 

石川さんにとって大切なことは、どこに行ったか、

何をしたかということではなく、その瞬間に

何を感じられたか、または、心を揺さぶる何かに

向かい合っていたかどうか、ということだそうです。

写真についても、「何を撮るのかではなく、なぜ撮るのかを

大事にしたいと思っています」と言っています。

 

「写真家・石川直樹」が世界各地を旅して目にした景色を

凝縮した一冊を最近本屋さんで見つけました。

そして帯には、

「旅に出よう。この本といっしょに」とあります。

120314_sa04.jpg

120314_sa03.jpg

120314_sa06.jpg

 

 

最後に自分の話で恐縮です。

主人が生まれて始めて行った海外旅行はパタゴニアでした。

大学の卒業旅行での一人旅。

24枚撮りのフィルムは10枚ぐらいは残ったままで

「写真を撮りに行った訳ではないから」

彼もまたまだ見ぬ世界を「感じ」に行ったのでした。

120314_sa07.jpg

 

文:沢田寛子






 

拍手[1回]

120131_sa01.jpg

私のたった1人の姪は、今中学1年生です。

クラシックバレーとピアノが好きで

洋服のセンスもなかなか良くて

子供ながら(失礼!)コーディネイトも上手です。

 

小学生の時、まわりには携帯電話を持っている子供が

結構いたそうですが、彼女の場合は

「中学生になってから」

という親の考えもあって、携帯を使い始めたのは

この半年前ぐらいからでした。

しかも初めて持った携帯が、iPhoneというのが

このおばさんにとってはビックリです。

早くからサクサクとすっかり使いこなし

絵文字や写真付きでメールもたくさん送ってくれます。

 

でもやっぱり女の子です。

小さい時から絵も好きで、メモ帳や紙切れを見つけては

紙いっぱいにイラストや字をよく書いていました。

ペンケースにはお気に入りの筆記用具がいつもいっぱい。

 

そんな彼女が始めたのが「村田新聞」です。

3号が出る頃には、専用のポストも登場しました。

 

村田新聞とは

以下に彼女の言葉をそのまま載せます。

「村田新聞って言うのは、手書きの新聞で、

基本的に発行者は真理♪ いつ出すかは不定期です。

内容はその時によって違う。その日の出来事とか、

その他色々です!って言う感じで

のんびりやってきますです

あっ!!だいたいは、おじいちゃんの所に

おいてあるので読んでね!」

 

この「おじいちゃん」とは

昨年の11月に亡くなった私の父のことです。

近所に住んでいるので、彼女はよく実家に遊びに来て

父が元気だった時には、一緒にトランプをしたり

お茶を飲んだりして、楽しい時間を過ごしていました。

父が亡くなり、今は母が1人で住んでいますが

今でも1人で家にやってきては、ピアノを弾いたり

母の話相手になってくれています。

そして変わったことと言えば、その母のそばで

この新聞を書くようになったことです。

 

新聞には「今日のSong」「本日の出来事コーナー!!」

「お知らせ」や「読者メッセージの紹介」や

「読者チェックらん!!」など内容が盛りだくさんです。

毎回書く紙も裏紙を使っているので

彼女曰く、「エコな新聞なの」。

 

この新聞を、コンビビアのみんなに紹介したくて

彼女の許可を取って、ポストごと借りてきました。

お菓子の箱を使った、手作りのポストもユニークです。

今まで出た新聞を並べて、みんなに見てもらいました。

「作っている人の楽しさが出ている」、

「素直で、まっすぐで、とってもいいな~」など。

この新聞を書いている彼女の楽しさが

みんなにも伝わって、私もとっても嬉しかったです。

思い切ってこの新聞への「読者メッセージ」もお願いして

私の机の上に置いておきました。

帰りがけにポストを開けてみると

何通もの心のこもった投稿がありました。

中には「不定期購読を希望」というものまで!

 

私からもありがとうございました!

また次の新聞も楽しみにしていてください。

120131_sa02.jpg

 

文:沢田寛子







 

拍手[2回]

26年目を迎えた「TOKYO DESIGNERS WEEK」に

今年も行って来ました。

毎年時間が合えば出かけて行く、お気に入りの場所です。

そのお気に入りの理由はいくつかあります。

 

まず場所が神宮外苑絵画館前であること。

地下鉄の駅を降りて、会場に着くまでのおしゃれな街並。

キョロキョロしながら歩いて行きます。

そして会場に着き、様々な「デザイン」と

「もの」たちの間を練り歩き、自分の感覚に合った

ものの前に立ち止まっては、「へ~っ」とか

「ちょっといいですか」とか言って手に取ってみたり。

 

国内外の企業・デザイナー・大使館・団体、ギャラリーが

それぞれの作品や取り組みを発表していて

デザイン学校の学生さんから、一般の人たちまで

幅広い層の人たちで会場は熱気に溢れています。

こんなに多くの、デザインに関係するものが一堂に

集まるのはこの時だけ。それも魅力の一つです。

111117_sa01.jpg

 

今年この会場で見つけた一押しはコレ。

3センチ角の箱から飛び出していた「しっぽ」。

何だこれ!と思わず手に取ってみると

すかさず目の前にそれを作った(であろう)本人が説明。

「コレハデスネ~ ケイタイにつけるシッポですぅ」

えっ?? しっぽ? しっぽって何に?と不思議がる私に

「コウヤッテ ツケルンデスヨぉ」と

自分の持っていた携帯電話にスポッとつけ

「ほらね」と言わんばかりの嬉しそうな顔で

目の前に立てて見せてくれました。

その「しっぽ」のついた携帯の愛くるしいこと!

すぐさま購入。衝動買いの典型のようなもの…

111117_sa02.jpg

 

私の携帯電話についたこの「しっぽ」。

別になくても困らないものではありますが

私にハッピーな気持ちをもたらせてくれます。

デザインとはやっぱり人に喜びを与えるものではないと。

 

それにしてもこのパッケージ。

「頭隠して尻隠さず」ではなく「頭隠して尻尾だす」。

 

文:沢田寛子

 

 

追伸:

このすぐれた、かわいいしっぽについて:

Sangwoo Park & Jongwon Parkによる

『Mobile Tail』

高純度のLSR(リキッドシリコンラバー)を使用。

レッドドット・デザイン賞を受賞しています!

拍手[0回]

111013_sa01.jpg

 

前回のブログでスウェーデン旅行の話を書きました。

今回は、日本のスウェーデン大使館でのこと。

 

88歳の父は、6年間働き、暮らしていたスウェーデンから

毎年、年金を受け取っています。

その受け取り方法として、郵送されてくる

「生存確認」の書類に必要事項を記入し、父がサインして

スウェーデンに送り返すということをしていました。

ところが、パーキンソン病を煩うようになって12年

今年父は、直筆のサインが出来なくなりました。

 

母が大使館に電話をかけ、父の状況を説明したら

「必要な書類を揃えて持って来てくださったら

それで大丈夫ですよ」ということになりました。

ホッとした母、そして私が代わりに行くことに。

 

地図を片手に、キョロキョロしながら歩いて行くと

とても雰囲気のある建物が目の前に現れました。

スウェーデン大使館はホテルオーク別館の隣でした。

まわりにサウジアラビア大使館や

スペイン大使館などがあり、とても環境のいいところ。

 

門を通って敷地の中へ(ちょっと緊張)、

ドアを押して中に入り、受付の窓口へ(綺麗な人だなあ)。

用件を伝えると、日本人男性の秘書の方が現れました。

母からの書類を渡し、目を通してもらうと

いくつかの書類がないことが判明しました。

 

やはり母は電話口で、何かを聞き漏らしていたんだ…

もう一度揃えて改めて出直して来よう

そんなことを考えていたら

「ここにある他の書類が、生存確認の用件を

満たしているので、たぶん大丈夫だと思います。

上司に渡して来ますので10分ほどお待ちください」

という心強い一言でした。

 

その間、落ち着いたロビーで待ち、置いてあった

スウェーデンを紹介する数々の印刷物を

ゆっくりと見て過ごしていました。

さずが大使館に置いてあるだけのことはあって

どの印刷物もとてもグレードの高いものが多いです。

111013_sa02.jpg

111013_sa03.jpg

 

 

この大使館は、在日スウェーデン人の集まる

スポットであると同時に、スウェーデンビジネスの

中心地として活用されていると聞きました。

大使館とはそういう場でもあったのですね。

 

さて、戻って聞た秘書の方。

「ボスがこれで大丈夫だと言っていますので

責任を持って、こちらからスウェーデンにお送りします」

 

書類が揃っていなくても大丈夫だったのですか?と

聞く私に対し「ボスが臨機応変に対応してくれるので

私たちもとても仕事がしやすいのです」

だって!

日本のお役所にも見習ってもらいたい。

111013_sa04.jpg

 

いい印刷物を見て目が養われ

いい人との出会いで、気持ちがとっても温かくなって

大使館を後にしたのでした。

 

文:沢田寛子

 

拍手[0回]

6月の終わり、スウェーデン、ノルウェーそして帰りに

ちょっぴりドイツにも立ち寄る旅行をしてきました。

この時期に行ったのは、ミッドサマーの頃の北欧が

1年の内で最も美しい季節だからです。

 

スウェーデンに行ったのは私にとって40年ぶり

小学校時代の6年間を過ごした時以来のことでした。

昔と変わらないストックホルムの街並み

透明感のある空の色、空気の匂い、可愛らしい花々…

11時を過ぎても外はまだ明るく

夏の夜のカフェで、いつまでも楽しく会話をする

ストックホルムっ子たち。

そして「Hej!(ヘイ)」と気軽に声をかけてくれる

人懐っこい人たちに、旅の初日から

すっかり「帰ってきたよ!」という感じでした。

 

旅行では写真もいっぱい撮ったけれど

色々な場所で見つけたカタログや、ちょっとした印刷物も

大切な旅の思い出の物となりました。

仕事柄「集めてしまう」、「手に取ってしまう」

ということもありますが、それらを帰ってから見ていると

これを手にした時、確かに自分はこの時

この場所にいたんだ、という安心感があります。


110805_sa04.jpg
110805_sa05.jpg

 

乗り継ぎのコペンハーゲン空港で見つけた

「サマーカタログ2011」。写真の見せ方が大胆、

そして色の使い方がとっても爽やかですっきりしています。


110805_sa07.jpg
 

ノルウェーの鉄道や時刻表、フィヨルドのカタログも

デザインがとってもいいです。

手に取りやすく、ハンディーな正方形です。

やはり共通しているのは、すっきりとしていること。

シャープな感じ、という表現でいいのでしょうか。

そしてところどころに「涼しげ」で

透明感のあるあしらいもあったりして。


110805_sa03.jpg
 

ストックホルムのスーパーで見つけた

手のひらに収まるサイズのかわいい20ページの

カタログは、表紙に色々なロゴが入っていました。

何だろうと中を開けてみると、そこのスーパーに

置いてある商品についているロゴの説明が

書いてありました。

親切でとってもいいアイデアだと思いました。

これなら人目も引くデザインで、手に取ってももらえて

ポケットにもサッといれて持って帰ってもらえます。

サイズもとても大事だと改めて感じました。

 

北欧にはデザインのヒントになるものがいっぱいでした。

色やかたち、そして機能美に魅せられたものも

いっぱいありました。

 

文:沢田寛子

 

拍手[0回]

  
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]