忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/09/19 (Wed)
「もう一度マリメッコのこと」

「自分が好きな物を普段から言ってると、それが手に入るよ。

そんなことを、誰かが言ってた気がします。

まあ、全てではないとは思うけれど

120914_sa06.jpg

 

でもこのたび、本場フィンランドから

マリメッコが届きました。

「届いた」というのは大げさで、本当はお土産で長袖の

シマシマシャツとペンケースを買って来て貰ったのです。

お土産に加え、「お店の人に聞いてカタログも
貰って来てね」と、更なるお願いまでしてしまった

(こんなことはダンナにしか言えない)。

現地にはどんなカタログが置いてあるのか

手元に届くまでとても楽しみでした。

120914_sa01.jpg

 

なので、今回のマリメッコはそのカタログの話。

1冊目大判のカタログ、32ページの厚手のもの。

表紙の紙もしっかりしているけれど

触った感触は優しい感じ。

表紙には小さい文字で Moments Autumn 2012

そして写真の上にmarimekkoのロゴだけ。

ページをめくると Off to the woods! と

カタログは私たちを森へと誘ってくれています。

120914_sa02.jpg
120914_sa03.jpg

 

中面の文字も全てスミ1色。写真バックは白地がベース。

でも、ところどころの見開きには

嬉しくなるようなオレンジとかブルーの色が。

「暖かいマリメッコをまとって、
さあ秋の森へ出かけよう!」

写真もきれいで、ページをめくるのが本当に楽しい。

そんなカタログでした。

120914_sa04.jpg
120914_sa05.jpg

 

2冊目こちらはタブロイド版、秋号のマリメッコ新聞。

特集もカタログと同じ Off to the woods!

64ページもあるこの新聞は、新しい商品、

店舗やイベントの紹介や、1951年以来、その伝統が

受け継がれて来た印刷美についても語っています。

タブロイド独特の切りっぱなしのこの「いい感じ」が

中のファブリックのたくさんの柄とも響き合っています。

 

この2つの印刷物を通して改めてまた感じたこと。

マリメッコの1つ1つの柄はとても大胆で

個性的だったりするけれど、この静かな森の国、

フィンランドと素敵な関係を築いていました。

 

また機会があったらぜひ「嬉しさのお裾分け」を!

 

 

文:沢田寛子








 

拍手[0回]

コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]