忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/05/09 (Thu)
「きぼうのかんづめ」と繋がった

130509_sa01.jpg

真っ白いバックに、手描きの「きぼうのかんづめ」の文字

イラストの男の子は、嬉しそうな表情で

缶詰を掲げています。

この絵本の表紙を見ただけでは

その内容は想像がつきません。

 

絵本の舞台となっているのは石巻市で

缶詰などを扱う小さな水産加工会社です。

東日本大震災の津波で被災したときの

様子が描かれています。
 

この絵本の文章を書いたのは、すだ  やすなりさん。

私が住んでいる経堂で「さばのゆ」という

飲み屋さんを経営している方です。

 

震災が起きてしばらくしてからのこと。

私にはある1つの光景が思い出されます。

この「さばのゆ」の前で何人かの人たちが

しゃがんで、みんなでわいわい楽しそうに

缶詰を洗っている光景でした。

お店の前を自転車で通り過ぎた時、一瞬

「なんで缶詰を洗っているのだろう?」という疑問が

頭をよぎりましたが、時間と共に

そのことも忘れていました。

 

でもこの絵本と出会い、その謎が一気に解けました。

あの時みんなが洗っていた缶詰こそが

この絵本「きぼうのかんづめ」だったのです。

 

須田さんは震災前からこの石巻の会社の缶詰を気に入り

缶詰を使ったイベントを開くなどの繋がりがありました。

この会社の工場が津波に流されてしまったことは

震災の直後に知ったそうです。

130509_sa03.jpg

 

そこでがれきの中から掘り返した缶詰を送ってもらい

須田さんと関わりのある商店街の人たちと一緒に

1つ1つ丁寧に洗っていきました。

絵本にはそのシーンも描かれています。

130509_sa04.jpg

 

またラーメン屋さんとも協力して

サバの缶詰を使ったラーメンも考案して販売しました。

この絵本の目的は、売り上げの多くを

水産加工会社の再建にあてること、

でももう1つの目的があります。

それは「震災の記憶を風化させないこと」。

須田さんご自身が、阪神・淡路大震災で

実家が被災した経験から

「災害の記憶は風化が早い」と感じられたそうです。

風化するのを出来るだけ防ぎたいという思いで

絵本にして子供から大人までたくさんの人に

読んでもらおうと考えたそうです。

 

津波で被災して水が引いたあとの工場跡。

イラストレーターの宗誠二郎さんが

一番苦労された場面だったそうです。

あまりリアルに描くのもそんな思いからでしょう。

今までの白地の見開きから一変します。

でも想像力豊かな子供にはきっと理解出来る、

そう思います。

130509_sa02.jpg

 

須田さんたちが最も伝えたかった言葉が

絵本の帯にあります。

「あの日、

津波に流されずに

残ったものがあった。

それは、希望だった。」

 

須田さんの手に今、私も繋がりました。

そして愛する経堂の地からこのような支援が

始まったことを改めて嬉しく思います。

 

(参考 NHK生活情報ブログ201239日より)

 

文:沢田寛子








 

拍手[9回]

コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

さばのゆ、いいですね

経堂ってほんとに嬉しくなるような街なんですね。

災害の記憶を風化させずにということが大事だという事には、全く気がついていませんでした。
ちょっと頭をコツンとやられた感があります。

TOKYO MXでの「つながり通信」の録画を
http://imamusic.exblog.jp/15716724/
ここで拝見しました。
さばのゆさんもいい個性を出しているようで、落語会もやってるとか、うらやましいです。

サバ缶といえば、
これに同量ほどの新タマのみじん切りに練り芥子を加えてかき回し、お気に入りの酒の肴です。
ちょっとソグワナイコメントになってしまって、失礼。≦(._.)≧
  • prizemoney さん |
  • 2013/05/20 (14:11) |
  • Edit |
  • 返信

Re:さばのゆ、いいですね

>prizemoneyさん

コメントありがとうございました!
拍手だけではなく、このように文章も書いていただくと
とっても嬉しいです。
なのに、返信の仕方が分からなく遅くなってしまいました。
実は私はまだ「さばのゆ」さんで飲んだことがないのですが
近々ぜひ行って見たいと思っています。
「酒の肴」の投稿もまたぜひ。
  • from 株式会社 デザインコンビビア |
  • 2013/05/29 (09:20)

さばのゆ

以前どこかの番組で経堂の居酒屋オーナーさん達が軒先で、津波に流された宮城のサバ缶の泥を拭いているのを見たことがあります。
兄夫婦が住んでいる町なので尚更気持ちは入ってしまいました。
無償の愛で 人を助け続ける、、、
私も被災地出身。
さばのゆさんと同じ気持ちであり続けたい。
絵本、読んでみます☆
  • yukky さん |
  • 2013/06/06 (00:05) |
  • Edit |
  • 返信

Re:さばのゆ

コメントありがとうございました!
「さばのゆ」さんにはまだ行ったことはありませんが、
前を通るといつも中がにぎやかそうです。
会社の人から絵本と、サバ缶、鯨缶を頼まれて買ってきましたよ!
  • from 株式会社 デザインコンビビア |
  • 2013/06/06 (11:14)
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]