忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

カテゴリー「沢田のお気に入り」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



文化の日の11月3日、神宮外苑絵画館前で開催の

「東京デザインウィーク(TDW)」に

行って来ました。

このTDWでは100を超える企業、大学などの団体、

国内外のデザイナーが最新のコンテンツを展示して

毎年来場者を楽しませてくれます。

建築、インテリア、デジタル、飲食など

それぞれの展示の仕方も参考になりますし

各ブースの担当者とのやり取りも楽しいです。

全く新しいデジタル体験も出来たり

人によって関心や興味も違うのだなと、ブースの

混み具合や、人の流れを見ていて改めて思います。

ユニークなグッズが手に入ったりするのも

私が毎年ここに出かける魅力の1つです。

どちらかというと(かなり)アナログな私が

惹かれてしまうのは、デジタルな「最新のもの」

よりは、手作りや1点ものです。

作り手の、ぬくもりのようなものを感じることが

出来るからでしょうか。

メインのコンテナ会場の外にあるテントが

会場となっているブースには

そんな手作りのものたちがいっぱい。

そこで今年出会ったのが「ルルさん」です。

見た瞬間に心を奪われ「なんだろうこの不思議な

いきものは」と、大小並べられたこのキャラクターを

しばらく眺めていましたが、そこにいた青年に

思わず聞いてしまいました。

「これ何ですか?」

「ルルさんです。ふっふっ(と聞こえた気がした)」

答えを聞いて、あ~ なんてつまらないことを

聞いてしまったのだろう、と後悔したのでした。

そうなんです。

これは「ルルさん」なんです。

ポストカードでルルさんを見たとき

ルルさんの沢山の仲間たちもまた「ルルさん」で

一人一人が自分の世界に飛び出し風景になじんでいる

様子を見て嬉しくなってしまいました。

11枚のポストカードに

ルルさんの物語がありました。

作者の、おおが なおとさんの作り出す

ルルさんの世界の優しさが大好きになりました。

11点が心を込めて手作りされ

そして、おおが なおとさんの手を離れるとき

ホームページにはこんなコメントがおおがさんより。

「ルルさんのひつじがたびだちました

 いってらっしゃい」

今年もまた素敵な出会いが与えられました。

文:沢田寛子

拍手[7回]

大切な人にワインをプレゼントしたいとき
今までは都心に出て、デパートに入っている
ワインショップで買っていました。
近くの酒屋さんにもワインは売っているけれど
あまりオシャレではない(ラベルなど)。
どちらかというと「家飲み」に適している。

地元経堂で、時々自転車で通る道の一角に
ある時「信長君の砦」という名前のビルが建ちました。
建設中から、不思議な名前のこのビルが
とても気になっていました。「信長君」(くんって誰?)

しばらくして、1階にはワインバーがオープンして
そのビルの横には地下に降りる階段が出来…。
下に降りると何があるんだろう、と興味津々でした。



どうも地下はワインショップらしい。
それもオープン時間は12:00~24:00。
ますます興味をそそられました。
でも地上の階段から地下を見下ろしても、中の様子は
全く分かりません。困った…。

でもやっと訪ねる時が来たのです。
親しい方へ持っていくワインを買いたい。
季節は初夏の少し前なので「ロゼがいいかな~」
などと考えながら地下に向かう階段を下りました。

「こんにちは~」と言いながら、ドアを開けて
お店の中に入ると…
「お~ これはスゴイ!」と心の中で
大きな声をあげてしまうほどのワインの数々。

こういう理由で、差し上げたいワインを探しています
と伝えると、横になっているワインを次々に出してきて
「このワインはね」と丁寧に説明してくださいます。
やっと「これにします」という1本を決めると
綺麗にラッピングして、これもまたオシャレな色の
紫色の手提げ袋に入れてもらえました。


この袋に書いてあったのが
conceptual wine boutique
ANYWAY-GRAPES の文字。

でも実は、このお店で一番感動したのが
支払いの時にもらった領収書。
Receiptと書いてあるA4横型のこの用紙。
こんなすっきりとしたデザインの領収書は今まで
見たことがなかったので嬉しくなってしまいました。
こだわっていたのはワインだけではなかった。


conceptual wine boutique
このキャッチに何もかもが納得のいくお店でした。
自分のお気に入りの1本が見つかること間違いナシ。
私一押しのワインショップ、じゃなかった
ワインブティックです。

追伸:
その後分かったのですが、「信長君」とは
オーナーが飼っている犬の名前だそうです。
会ってみたい!

文:沢田寛子

拍手[7回]



地元でなじみの焼き鳥屋さんに入った時のこと。

カウンター前に置かれたアクリルケースの中に

A4二つ折りの冊子が入っていました。

目に飛び込んで来たのは大きく書かれた文字


娘と飲んで

父、缶動。


この「缶動」という漢字に「おもしろ~い!」と

「感動」したのですが、意外だったのは

そこに続くコピーでした。


「おいしい缶詰」を手がける明治屋が、

東京・経堂と大阪のアットホームな個人店で、

「父の日に缶詰を贈ろう」キャンペーンを開催!


なになに? 経堂って書いてあるけれど

何でこんなにピンポイントなの?

疑問に思いながら冊子を開いてみると

左ページには、父の日キャンペーン協賛店 東京・経堂

右ページには、父の日キャンペーン協賛店 大阪

とタイトルがあり、その下にそれぞれの地域のお店が

電話番号や営業時間とともに紹介されていました。


冊子の裏には、企画/経堂系ドットコム・須田泰成

と書いてあり、「あっ、あの須田さんだ!」と思って

ホームページで調べてみました。


最新の経堂グルメ日記

父、缶動。の父の日イベントはじまりました。

明治屋さんのおいしい缶詰で、

父と娘にもっと仲良くなってもらうため、

経堂と大阪のアットホームな個人店で

父の日用のメッセージカード付きの缶詰をプレゼントする

イベントをゆるくいい缶じではじめました。


これを企画した須田泰成さんは、大阪寝屋川市出身の方。

以前も私のブログで「きぼうのかんづめ」という

絵本の紹介でふれた方です。


1988年に植草甚一さんの本に出会い、衝撃を受け

植草さんの本で「経堂」という町を初めて知ります。


ときにコメディライター、

ときにコミュニティプロデューサー、

ときに「さばのゆ」店主……。

いくつもの顔を持つ須田泰成さん。経堂に住んで19年、

須田さんが愛して止まない世田谷区・経堂に

コミュニティスペース「さばのゆ」を作ったのは

いまから6年前のことです。


須田さんが経堂に移り住み、ひたすら店に通い

時間をかけてだんだんと顔なじみになり

そうして築き上げた店主や常連さんたちとの関係は

経堂という町だからこそ生まれたものです。


以前須田さんにインタビューした方が

「さばのゆ」をはじめ、活気のある商店を見ていると

人の営みが息づく町だとつくづく感じます。

町があるから人が集まるのではなく、

人が集まるから町が生まれる。

と最後に書いてあるのを読んで納得しました。


「缶動」という文字に惹かれて

手にした冊子でしたが、最後は「やっぱり地元はいいね」

というところに落ち着いたのでした。


私も人が好き、そして地元の経堂が大好きな一人です。


最後に

なじみの焼き鳥屋さん、「とり平」を出るとき

「これあげるよ」とちゃっかり「おいしい缶詰」を

いただいて帰りました。


さらに

もらったメッセージカードは

「コンビビアのお父さんへ」と書き、父の日を前に

岡野さんにこの「おいしい缶詰」と一緒にあげました。

文:沢田寛子

拍手[7回]



昨年のクリスマスに、私の大好きな

NIESSINGコレクションにまた1つ仲間が増えました。

初めてのピアスです。

クリスマスプレゼントとして買ってもらった

シンセティックの宝石が埋め込まれたこのピアス

私の手元に届いたのは2月中旬

首をなが~くして待って、そして受け取りに行った時に

いただいたのがこの冊子です。

2014年の1024日~1111日まで

南青山ニーシング東京にて開催された

ニーシング×写真家・濱田英明「FAMILY OF NIESSING

「写真家・濱田英明氏による、ニーシングの

ものづくりを伝える写真展」で来店した方に

プレゼントしていたものでした。

この展示を依頼されたディレクターの岡田栄造氏の

コメントによると、ニーシングのデザインディレクター、

ティモ・クシュラー氏に東京ではじめて会った時に、

氏はニーシングについて「家族のような会社」と

説明されていたとのこと。

ニーシングのジュエリーに、自分が感じていた

硬派なイメージとは対照的な「家族」という言葉が意外で

そこから今回の展示のテーマ 

FAMILY OF NIESSING」を思いついたと

コメントされていました。

ニーシングの本社は、ドイツとオランダの国境近くの

美しい中世の都市、フレーデンにあります。

ここで創業して140年、ニーシングの本社とファクトリー、

そして「ホワイトハウス」と呼ばれるデザイン室は

三位一体となり、次々に革新的なジュエリーを

生み出しているといいます。

そしてこの革新的なジュエリーづくりを支えているのは

熟練したクラフトマンシップです。

ほとんどの職人はニーシングに長年勤め、専門的技術や

知識を次の世代へと受け継いでいます。

夫婦一緒に、あるいは親子代々ファクトリーで

働いている職人も多いといいます。

ドイツの造形学校「バウハウス」の流れをくむ作風も

ニーシングのジュエリーを特別なものにしています。

濱田氏の写真に切り取られたニーシングの世界と

その背景に映っている、美しいフレーデンの風景、

そして「家族」のような親密さ、穏やかな表情、信頼、

誇りをこの写真集を通して感じることが出来ました。

革新的でありながら、繊細で美しいジュエリーの世界が

こんな素敵な場所から生まれているのですね。

いつか機会があり、見学が許されるのであれば

訪れてみたいと強く思いました。

文:沢田寛子

拍手[5回]

誰かが雑誌の対談で言っていました。

ボールペン1本買うのでも地元の商店街で買いなさい、と。

そうすれば地元が潤い、街に元気が出てくると。

全く同感で、私もそのように考える一人です。

そういう訳で、地元で飲むのが好きです。

そして飲みに行くのはチェーン店の居酒屋ではなく

もっぱら個人経営の小さなお店です。

あるときは、ご夫婦でやっている焼き鳥屋さんだったり

またあるときは、イタリアン食堂のような感じの

人懐っこい笑顔のシェフのいるお店だったり。

共通しているのはお店の「温かさ」と

その食材や店内の「センスの良さ」です。

「温かさ」とはお店の人との距離感です。

「センスの良さ」とは食材の組み合わせ、味、置いてある

お酒の種類、そして店内の小物の配置や使い方などです。




今日紹介するワインのボトルは2本とも

そういったお店で飲んだ後でいただいてきたもの。

予算に合いそうな赤ワインを注文した際、目の前に

「これはいかがでしょうか」と

こんな楽しいワインボトルを差し出されると

「きっと美味しいに違いない」と勝手に

味のイメージを妄想し始めます。




ALIAS」と書かれたこのワイン。

カリフォルニアワインです。

まるで映画のポスターのようなこのラベル。

ボトルの裏側にはこんな言葉が書かれています。

「エイリアス」とは

それは、畑の場所じゃない。

それは、情熱なんだ。

畑がブドウを作り、

ワインメーカーがワインを造る、

ただ、それだけなんだ。

ワインはアート(芸術品)なんかじゃない。

ワインはクラフト(手作り品)なんだ。

「エイリアス」は、偽名、通称、匿名という意味です。

カリフォルニアの各有名ワイナリーに所属する

ワイン職人8人が、自らの名を伏せて匿名で集い

「本当に良い価格で本当に良いワインを造る」を掲げ

理想のデイリーワインを誕生させたとのことです。

まるで芸術品のような価格で取引される

カルトワインではなく、誰もが気軽に楽しめる

僕らのカルトワイン8人は造り上げたと

ホームページには書いてありました。




次のこのカラフルな「FIESTA」はスペインのもの。

ピレネー山脈にもほど近いスペイン北東部に

若い仲間3人が立ち上げたワイナリーです。

ワイナリー設立の動機は、「自分たちが理想とする

自然なワイン造り」を実践すること。

「ワイン造りとは自然な表現が生まれる手助けを

することだ」という考えを共有するオーナー兼醸造家

ダニエルとマリア。2000年にマリアの兄でアーティスト

でもあるフェルナンドを迎え、ヨーロッパ最大の

砂漠地帯の村に、50年以上もの間打ち捨てられていた

一軒の元協同組合にワイナリーを設立しました。

ワインのボトルを持ち帰って、ラベルやワイナリーの

ことを調べてみるのも楽しいです。

若く、志のある人たちのワインへの思いと出合えるのも

嬉しく、遠く離れていても応援したくなります。

この両方のワインに共通しているのは

なんといってもコストパフォーマンスです。

デイリーワインとして飲むのも良し、

FIESTA(パーティー)を開いて楽しい仲間と

一緒に飲むのにもぴったりです。

そしてまた新たな楽しくて美味しいワインとの

出会いを求めて、地元で楽しいお酒を飲もうっと。

文:沢田寛子

拍手[7回]

先日久しぶりに地元駅の高架下にある図書館に行きました。

駅のすぐそばなので、利用しやすいし、そして何よりも

地元の開催イベントや、美術館情報などが充実しています。

今までも色々なチラシや冊子をここでもらってきました。

今回見つけたのはこの冊子

「世田谷区の基本構想・基本計画」です。

この表紙じゃなかったら、ひょっとしたら私は

手に取ることもなかったし、中を開いて

読むこともなかったかも知れません。

「世田谷区」の文字を図案化して

バックの色は絵の具で色をつけてような

何ともいえない味わいがあります。

手に取った時の、風合いのある感じも優しくて素敵です。

中を開いてみると、基本構想の「9つのビジョン」には

それぞれイラストが入っていて、親子で楽しめる

絵本形式になっていました。



たとえば1つめのビジョンを見てみると…。

「何かのことを悪く言う人は

その「何か」に属する友だちがいない人です。

友だちは、私たちの世界を広げてくれます。」

と書いてあります。

とても優しい表現で、これなら子供にも充分伝わります。

奥付を見たら、デザインとイラストは森本千絵さんでした。

(区内在住のデザイナーです!)

こんな素敵な冊子にしていただきありがとうございました!

子供の頃も、大人になってからも、そして結婚してからも

私はずっと世田谷に住んでいます。

実家があるから、自分が奉仕している教会があるからなど

色々な理由はありますが、やっぱりこの場所が好きだから。

ホームページで見てみると

「世田谷区では、20年後を展望する

新たな世田谷区基本構想が、平成25年9月に区議会の

議決により策定され、平成26年3月には、基本構想を

実現するための区政運営の基本的な指針となる

基本計画を策定しました。」

と書いてありました。

親子でこれを読み、世田谷という自分の住んでいる地元を

ますます大切にし、住みやすく、人にも優しい場所に

していくことが出来ますようにと願います。

そして願わくば、それが私たちの区だけにとどまらずに

さらに周りの地域へと広がっていきますように。

文:沢田寛子

拍手[9回]

前回のKUSHOLOGに続き

北海道旅行でまたも出会った「フリーペーパー」。

今回のはなかなかの大物です。

判型はA4なのですが、そのページ数、なんと130ページ。

その顔も真っ白い表紙に大きく01

正式には、北海道応援マガジンJP01

(ジェイピーゼロワン:通称ゼロワン)とのこと。

この号の巻頭特集は「いしかり」ですが

その大胆(斬新)なデザインに思わず釘付けとなりました。

ページをめくる度に新鮮な驚きがあります。

「地図をこういう風にいれるのか!」

「このタイトルの入れ方は思い切ってるぅ!」などなど

こういう発想はなかなか私にはないものです。

北海道ならでは、ということはないと思いますが

発想の違い、豊かさを感じました。

内容を「読む」、というよりは「見て」楽しんでいます。




179市町村の「珍」にせまる「一村一珍」の

その内容の充実さといったら、これはスゴイの一言です。

1冊に北海道179市町村全ての情報が

まるっと詰まっています!

よくぞここまで集めたと感心するばかり。

ちなみにこのフリーペーパー

キャッチコピーは「思わず出かけたくなる北海道」。

最終ページを見てみると

取材・編集・撮影・デザインは、ふりっぱーを発行する

総合商研株式会社で行っているとありました。

関わっている人たちの名前も多かったけれど

こういう冊子を丸ごと一冊楽しみながら

作っている様子が随所に伝わってきて

同じデザイナーとしてとても刺激を受けました!

文:沢田寛子

拍手[5回]

 

1962年にアメリカで発売され、大ベストセラーとなった

『しあわせはあったかい子犬』の本の紹介です。

著者はピーナッツ・シリーズのチャールズ・シュルツ氏。

しあわせは で始まる、日常にある幾つもの

小さな幸せが、シュルツさんの懐かしい絵と

「ハッピー」な色使いで一緒に描かれています。

「刊行されると、たちまち多くの人の心をつかみ、

数百万部も売れるという大ベストセラーになりました」

という書評のあったこの本は、スヌーピーや

チャーリー・ブラウンをはじめとする

ピーナッツ・キャラクターたちが、そのウイットに

富んだユーモアで、これまでも多くの人たちの心を魅了し

癒してくれたことでしょう。

左のページに文章、右のページにイラストという見開き。

文章は全て「Happiness is ~(しあわせは~)」という

形式になっています。

じんわりとくるページあり、クスクス笑うページありで

どこを開いても「そうそう」と、うなずいてしまいます。




Happiness is a warm puppy.

しあわせはあったかい子犬。

ここでは、ルーシーが目を閉じた幸せな表情で

スヌーピーを抱きしめているイラストが描かれています。

ぎゅっと抱きしめられているスヌーピーの

この「まんざらではないな」という、ちょっと得意げな

表情も大好きです。

私も実家でジョンという名前のゴールデンレトリバーを

飼っていたことがありました。

ソファーで一緒に寝ていた時のことを思い出し

あの頃の幸せな感覚が蘇ってきました。





しあわせは、日常の中に存在するもの。

五感を研ぎ澄まし、心の眼でよく観察すると

日常の中のとっても大切な瞬間が見えてきます。

Happiness is…」といえるものが

毎日1つは見つかるといいですよね!

文:沢田寛子

拍手[6回]

  
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]