忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/12/10 (Thu)
一青窈アルバム新聞広告

「タイポグラフィーの奥義」


文字や写真を組上げて、情報を的確に視覚的に伝える技術。

タイポグラフィーとはビジュアルなコミュニケーションツールです。

グラフィックデザインの基本に横たわる土台のようなものです。

デザインの骨組みといえます。骨組みとはスペースに文字、写真、イラス、ト図版等

どのように配置するかの基本の枠組みです。建築で言えば構造体に間取りを与えてゆくようなものですが、構造がしっかりとしていないと、煩雑な紙面になり情報がスムースに伝わりにくくなってしまいます。

情報の質と表現という意味では論理的構造と感覚的構成を必要とします。

読みやすさ、見やすさにとどまらず、情報の質や内容によって表現の仕方が変わってきます。

理性や常識に捕らわれず、自由に感覚的に表現することがより伝わりやすい場合もあります。

その場合、デザインの基準となるよりどころは、デザイナー本人の感性の中にしかありません。

いつも感覚を磨いていないとできない芸当です。

091121_i01.jpg
091121_i02.jpg

 

たまたま「一青窈」のアルバム広告を見てまさに良い例だと思いました。

この広告の命は、いかに歌の内容、アーチストの気持ちを的確に文字で伝えることができるかです。

普段使いの言葉表現と、不思議な用い方をする言葉とが、赤裸々な内容をよりピュアに映しだし、共感の世界絵と導きます。

その不思議で赤裸々な世界を、この二つの広告はうまく表現していると感じました。

文字を縦、横だけでなく縦横に流れるように曲線で組み、また天地逆さまにしたり、鏡文字にしたりすることでその歌の世界をうまく表現しています。しかも2バージョンで。

二人のデザイナーがそれぞれの感性で表現したのかもしれないし、一人のバリエーションかも知れません。

人はこうあらねばならないという枠をつくりたがりますが、枠をとりはらい自由に遊ぶことは、

実はとてもむずかしいことです。

この詩人も然り、この広告のデザイナーも然り。自由に遊ぶ感覚を身につけていると感じます。

自由に遊ぶためには、感性を磨き表現するを繰り返す事ですかね。

とにかくこの広告刺激されました。


岩嵜 記

拍手[0回]

コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]