忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011/08/16 (Tue)
着眼点の面白さ 着想の柔らかさ
110121_o01.jpg
 
赤瀬川原平氏の着眼と発想には「やられてばかり」いる。
『四角形の歴史』赤瀬川原平/毎日新聞社 
新しい本ではないが、たまたま見つけたこの本でもそうだった。
犬は風景をどう見ているのか…をきっかけに、著者は風景について考える。
 
普通「風景」といったとき、何を思い浮かべるだろうか。
富士山だったり、夕焼けシーンなどの光景? または「風景写真」…
「泰西名画」などの絵画? 
風景を「意識」し、さらに「鑑賞」の対象と考え始めたのは
人類史でも最近のこと…と、どこかで聞いた。
さまざまな「光景」が私達の身の周りに溢れている。
しかしそれを気に止めて「風景」として観ることは
日常ではまず無いのではないだろうか。
まして風景がいつから存在しているのか…疑問を抱く人が
どれだけいるだろう。

110121_o03.jpg

110121_o02.jpg

 
そんな疑問を思いついただけでなく、著者は「四角形の歴史」を通して
その起源の説明まで試みる。
曰わく、犬は自分の必要とする対象物だけを注視し、背景は見ていない。
人間もおそらく始めはそうであった。
それを意識するのは、人類文明に「四角形」の枠が出現してから後のことだと…。
額縁に依頼主の肖像を描いた余白に初めて背景を描き込んで
これが風景を意識するきっかけだとする。
そして人が初めて風景だけを描いて鑑賞するのは
「印象派」以降なのだそうだ。
加えて著者は原始の時代にさかのぼって、
直線から始まる「四角形」の出現?(発明?)の歴史まで考えを巡らせる。
「子供の哲学/大人の絵本」シリーズの1冊だが、
大人も「なーるほど」の展開になっている。
ホントかどうかはともかく、その納得の大きな部分が
意表を突いた着想の面白さと、展開のうまさによっている。
赤瀬川原平氏ならではの世界なのである。

110121_o04.jpg
 
赤瀬川原平氏は前衛芸術家から始まって視覚表現では画家・写真家であり、
また文筆活動でもエッセイスト・芥川賞作家といった
蒼々たる活動の幅であるが、「トマソン」「路上考現学」
「老人力」などに代表される、意表を突く発想と表現が次々と現れ
枯れることがない。鋭い観察者と無類の面白がり屋が同居して
その世界観は肩から力の抜けて人を引きつける。
我が身に欠如したその着眼・着想に、
どうにも吸い寄せられてしまうのだった。
20代の頃から今日まで、この頭の柔らかさが
私はうらやましくて仕方がない。
 
岡野祐三

拍手[0回]

コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]