忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/11/11 (Mon)
「瀬戸内芸術祭」に行ってきた
知らないところに行くのが好きだ。
知らない土地で、様々見聞きして、どきどきしながら時を過ごす。
都合の良いことばかりとは限らないから、それも刺激の一つとして旅は楽しい。

建築家と建設関係者のグループに混じって、2日間にわたり「瀬戸内芸術祭」を巡ってきた。
3年ごとに開催されているこの催しには、「アートと島を巡る瀬戸内海の四季」と
サブタイトルが付されている。
アート作品を目指して、船とバスと足を使って瀬戸内海の大小の島々をまわることになる。
淡路島生まれの私だが、はじめての島ばかりだった。
目にする風景は首都圏での私たちの日常とはまったく異なる、まさに知らないところである。
だが高松港での光景は、高速艇やフェリーなど大小の船がひっきりなしに出入りしていて、
都会の(バスや電車の)ターミナルの様子にも似た活気があった。
船を足とするここでの暮らしが想像されて新鮮だ。 



 


高松を基地に、豊島(てしま)・犬島・直島と渡って、芸術祭の建築とアート作品を見てまわる。
アート作品はそれらを納める器、つまり建築と密接に関係しているし、豊島美術館などは
建築そのものをアートとして空間の緊張や調和を楽しむことになる。
そして瀬戸内の風光の中を巡ってそこに至ったことを思うと、アート作品にたどり着くまでの
壮大な「空間と時間の体験が作品」なんだ!と思い至った。
「芸術祭」の企画がそこまで計算した仕掛けなのだとすると、ただ感心するほかない。
こうしたことが楽しめる人間は、つくづく4次元時空の生きものだなと思う。
未知の空間が面白くて仕方ない。


建築家の蘊蓄を聞きながらアートや建築を愛でるつもりだったが、
瀬戸内の時空間をそのものを堪能する心弾む旅となった。
そこで体験した感覚は、言葉や写真などでは到底伝えられない。
芸術祭が終わっても公開している施設は多くあるので、
是非訪ねて自ら体験されることをお奨めしたい。

   岡野祐三

拍手[0回]

コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]