忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

カテゴリー「山田のお気に入り」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

100107_y01.jpg
 「本づくりのかたち」
 
編・著 芳賀八恵/発行所 8plus
個人で、あるいは極少人数で本を制作し、発行する小さな出版社(者)を取材しまとめた本。この本も芳賀八恵さんが主催する8plusより刊行。100頁ちょっとの新書版(カラー写真あり)で1800円は、総部数の少なさを感じさせる。
 
内容は、本を作っている出版者を訪ね、本を作り始めるに至った動機や、本づくりへの想いを綴った内容になっている。
そうした出版者によって出版された本は、大手の本と比べても遜色はないし、むしろ「作り、出す」に至る熱みたいなものが、本そのものに残っているような感じがします。
プロダクト的なアプローチや、同人的なマニアックさも許容する「本」という形態の可能性を、色々表現しているので。個人的に興味、関心がとても高いです。
ヨーロッパでは一冊一冊、ハンドメイドで本を作るスタイルもあります。クラフトの一環として捉えても差し支えが無いのかもしれないです。某デザインフェスタというイベントに、エディトリアルデザインを掲げて参加するサークルが一つも無く。エディトリアルはデザインじゃないのか?とガッカリしていましたが、もしかしたらこのアプローチでエディトリアルだってデザインだい!と、参加できるかもしれないと思いました。
 

100107_y02.jpg
「ZERRO ゼロ」
 
著 松田行正/発行所 牛若丸
「本づくりのかたち」の最初に紹介されている出版者、松田行正の主催する牛若丸は個人発信の出版者としては有名(メジャー)です。デザイナーである松田氏の趣味?がまとめられ、自分で手がける装丁は、こりに凝って好き放題。自分の本だし。みたいな遊び方がとても良いです。

100107_y03.jpg
 
楽しく明るい玩具としての本
やさしい本
おもわずプレゼントしたくなる本
夢を持ち続けている大人の本
オブジェとしての本
そして、奇妙で月っぽい本
牛若丸では、そんな本を作り続けてゆきたいと思います。
 
というコンセプトだそうです。
自著以外の本も有ります。作りたい本がはっきりしていて、ぶれが少ない印象です。
ふと、読んでみる。お茶のひと時だけ、パラパラめくってみる。適当に開いて眺めてみる。そういう気楽な、それでいてちょっとした知的好奇心をくすぐるようなラインナップで、リビングに何気なく置いてあると良い感じにインテリアにもなりそうな本です。


100107_y04.jpg
デザインの道具箱「眼の冒険」
 
著 松田行正/発行所 紀伊国屋書店
牛若丸の松田氏が、牛若丸以外で出した本です。(二冊目だとか)
雑誌「デザインの現場」で連載されていた記事を、加筆修正を加えてまとめた本です。
これも凝り凝りの装丁で、もちろんご自身が装丁をされています。
視覚、眼が見ている物、脳が認識する形、、、等をあらんかぎり列挙して検証して行く、松田スタイル(?)の著書で、これも、何となく眺める系。ペラッと開いた頁から読んでもいいような内容で、面白いです。
沢山点を集めていくと、線になり、やがて何だか意味のある模様に見えてくるという感じが、共感できます。松田氏なりの模様の見方も読めるのですが、単純に読者が感じた模様として読んでも良いと思います。

拍手[0回]

091029_y01.jpg

土屋鞄という鞄のブランドのカタログマガジンです。
 
とても良く編集されていて、鞄にまつわる世界を楽しく、分かりやすく伝えようと、かなり工夫してあります。
 
人の手で作り出す「モノ」ということで、製品の向こうにいる職人の姿をフューチャーしたり。鞄を製造する工場がある地域を紹介したり。土屋鞄を使われているユーザーさんを紹介したり。etc
そういった様々な情報を提供し、モノである鞄の世界観や物語、空気感(←ブランド感)を創っています。
その鞄を所有する事で得られる、そのモノとしての機能や形以上の目に見えない付加価値(ブランド力みたいなもの)を想像させてくれる、そんな雰囲気の商品カタログです。

091029_y02.jpg
091029_y03.jpg

 
隅々まできっちり編集してカタログにしているので、読み応えと眺め甲斐があり、なかなか捨てられないカタログになっています。
 
ちなみにこれは、2006年の春夏コレクション。最近のカタログが欲しい・・・。
 
 
 
革製品もいいなーと思うアイテムですが、こんなのが欲しいというモノが無くて、(高価ということも含めて)なかなか手が出ないモノですね。
長く使ってこそ意味のあるモノだと思っているので、使い続けるモノでなければ手に入れるまでもないという思いがあります。これは一生もんか?という思いで製品に向き合うと、買うまでもない気がしてくる。
今年になって「こんな物があれば買う」というモノが出て来たので、思い描く形に近い物を探しているのですが、しっくり来る形が見当たらない。なので、ちょっとだけ知り合いの皮職人に創ってもらおうかと思っていたりします。しかし、まー、予想通り。一点物だと高いです。
 
 
 
文責:やまだ

拍手[0回]

090808_y01.jpg

詩:宮沢賢治
絵:小林敏也
パロル舎

「画本 宮沢賢治」シリーズで知られる
版画家小林敏也の、
宮沢賢治の詩を題材にした画詩集。
38篇の詩に「スクラッチ」技法で描かれた
シンプルな色彩、繊細な色合いの
美しく素朴なイラストレーションが添えられます。
その、イメージ豊かな挿絵が宮沢賢治の言葉と重なり、
重層的な心象風景となって読み手の内側へ広がります。

このシリーズは版画家小林敏也が、
装丁や色、紙の選択、製本まで、
全ての行程に関わり制作されています。
隅々にまで作者の手が加わり、
あたかもこの本そのものが
一個の版画作品かのような仕上がりです。

クラフトに近い、
モノとしての存在感が宿った、
良い本だと思います。

ある意味、本作りの理想かなーと思いました。

文責:山田

拍手[0回]

白っぽいレイアウトが好きで。
シンプルで良い感じに憧れます。
今回のお気に入りで紹介したのは
「カメラ日和」という隔月刊の趣味カメラ雑誌。
 
090630_y01.jpg
 
全体的に軽く、緩く、印象的で
のんびりまったり系の写真を
カメラ(機材)と技術のアプローチで紹介。
 
日常のちょっとした景色の中に
そっと寄り添っているような幸せを見つけて
カメラをむけるような、、、
そんな心象写真が多いです。
カワイイとか、キレイといった方に重心が有ります。
写真で遊ぶ、そんな感覚かもしれません。
 
090630_y02.jpg
 
レイアウトも余白たっぷり。
空気が抜けたようなデザインは、あっさりしていて
パラパラめくる雰囲気が大事。
 
女の子向け。
もしくは、どこまでも初心者なカメラ趣味ヒト向け。
アナログカメラで「こんなのもアリだよね」という写真から
デジタルカメラのキラクな写真まで。。。
 
「カメラ」という道具で絵を描くような
日記を付けるような感覚です。
この雑誌を眺めていると、ちょっとした外出に
カメラを持って行きたくなります。
そう思わせれば、この雑誌の勝ち。
 
 
普段の仕事では、機関誌のギチギチレイアウトが多く
科学や医療や保健関係の、カチカチデザインの日々でもあります。
「気晴らし」兼
「遊び」として、バリバリ趣味に走った
白っぽい本を作ってみるのも良いですねー。
 
いやしかし。やってみたいなーと、思うものの。
実際問題、家でやるにはハードもソフトも古くて・・・
ちゃんと遊ぶためには、かなりな投資が必要か。。。
ひ〜。

文責:山田

拍手[0回]

5月24日まで、吉祥寺美術館にて開催中です。
「どうぶつのおかあさん」や「くちばし」
「しっぽのはたらき」などの絵本から
アニマなどの雑誌、動物図鑑などで活躍されていた
薮内正幸の展覧会を見に行く。
印刷を念頭に置いたカラーイラストの迫力と
躍動する筋肉を覆っている毛並みや、羽根の重なりを表現した
繊細なモノクロのペン画を、のめり込むように鑑賞。
芸術家ではなく、イラストレーターであり
挿絵画家というスタンスの絵は、修正の後が沢山残っていて
むしろそれが得も言われぬ迫力に感じられた。

雰囲気ばかりの絵本の中で、こうした
科学的に正確な形を、子供たちに提示してきた意味は大きい。
子供を必要以上に幼児扱いしないスタンスに共感する。

090518_y02.jpg

カラーイラストもさることながら
モノクロのペン画の見事さに衝撃を受けた。
個人的に趣味で、チマチマとペン画を描いていたので
明らかに違うクオリティーにクラクラしながらも
その分、得る物も多く、とても、かなり、すっごく
参考になった。(活かせるかは分からないが)

090518_y01.jpg

写真の画集は、今回の展覧会用ではなく
薮内正幸美術館に用意されているスケッチ集。
自由に、生き生きとしたタッチで動物や鳥たちが描かれている。
迷い線というより、遊び線が多く、描き方が楽しげで、
見ていて飽きる事がない。
ちょんちょんちょんと、
わずかなタッチで仕上げた鳥の落書きや
走り回る線の中から造形される動物の、
見事なまでの表現力に感嘆.。

拍手[1回]


090305_y01.jpg

二本のナイフです。
ご覧の通り「クジラ」のシルエットをしています。
持ってみるととても握りやすく、力を込めやすい形です。

形の持つ機能と、形の遊びが見事な逸品です。
用途は、鉛筆から果物の皮切り、手紙のオープナー
切る、削るという目的なら何にでも。
また、鉄の塊としてのシンプルな存在感と
持った時の重量感が「モノ」としての力を感じます。
抜き身でちょっと取り扱いに緊張を強いられますが
刃物ってそういう物だと思う。

形のラブリーさと抜き身の刃のかもす緊張感が
渾然一体。この不思議感にも注目です。

090305_y02.jpg


拍手[0回]

 迎春
本年もよろしくお願い致します。

2009年一発目のお気に入りは、
わたくし、山田からお届け致します。

090108_y01.jpg
正月らしく「ぽち袋」

090108_y02.jpg
裏の張り合わせ部分の模様も面白い

版画家、野中光正の手作り一点物のぽち袋です。
本番前に試し刷りをしてから、本刷りするのですが
その試し刷りで作ったぽち袋です。
同様に、そうしたヤレで作った和雑貨を
制作販売しているようで、
裏には「AMANOJAKU」というハンコが押されてます。
他にしおりなどを作っているようです。

無造作に作ったようでいて、実は、
意図しない線や色で、
向きや形、見切れや重なりを遊びつつ
ぽち袋に成形されています。
一点一点がとても楽しい和雑貨です。

これを買ったお店には
何種類もガサッと売られているのですが
その中から「お気に入り」を見つける作業が楽しい。

当然一つとして同じ物が無い訳で、
あとで、「やっぱりアレも良かった」
と思っても、次行って有るとは限らない。
「どれも良い」中から「これ」という物を選ぶ過程は
相当、自分の審美眼が鍛えられます。

子供にお年玉袋として使うには
少しもったいないくらい。
普段、何かのお礼や、手土産につける
メッセージを入れたりして使っています。

実は、本業(?)の版画を見た事が有りません。
機会があったら見に行きたいと思います。
もしかしたら、
ぽち袋の全体像が分かるかも。

文責:山田

拍手[1回]


081110_y.jpg
小説でも映画でも有りません。

「文鎮」です。

IEKURO
ペーパーウエイトです。
南部鉄器の工芸品
高さ5センチの小さな鉄の塊は
見た目以上にずっしりとした重量と
実在感、存在感を醸し出しています。

手作りのゆがみと、鋳造時のテクスチャーが
鉄に、えも言われぬやわらかさを持たせている。
モノとしての質感が品よく漂い、
見ていて飽きないシンプルさ。

問答無用の「お気に入り」
これを前にして、
あーだこーだという理由なんて
どうでも良い気がします。

お店で2個購入
もう一つは、
誰かにあげる為に買いました。

文鎮の、地球に重力でくっつく感じが好きです。

文責:山田

拍手[0回]

  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]