忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

カテゴリー「山田のお気に入り」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



The Monocle Guide to Better Living
gestalten
By: Monocle
Release Date: September 2013
Format: 20 x 26.5 cm
Features: 408 pages, full color, hardcover
Language: English

ドイツにあるゲシュタルテンという出版社。
その出版物は世界100カ国に近い国々に流通しているそうです。

Monocleは、イギリス発のグローバル情報誌の名前。
編集長のタイラー・ブリュレ氏率いるチームが制作しています。

モノクルの編集テーマは、
・・・core themes:how to live well
「豊かに生きる方法」。

というのが、ざっくりとネットから引っ張り出した情報です。


今年の9月に出版されたので、
ごく最近のグリッドシステムとして
紹介しようと思って持って来ました。

大量の写真を整然と展開したり、画像点数を絞った項目にするなど
多岐にわたる内容を、あれこれフォーマットを作るのではなく
グリッドシステムの上で、ルールを変化させながらレイアウトしていく
奇をてらったレイアウトは抑えられ、統一感が有って見やすい。
項目毎の写真のカラーで十分変化していく。
一見簡単そうですが、写真の順番と、見せたい写真の大きさと
バランスの良い、しっくりと収まるレイアウト。配置など。
見た目のシンプルさと裏腹に、組み上げる作業は大変そう。
この点数をさばくのはすごい。

洋書なので本文が英語表記。もちろん読めません。
ただ、写真が良いので眺めているだけでも楽しい本です。






「モノクル(Monocle)」はイギリス発のグローバル情報誌ということですが、
世界配本の他に、ラジオや映像、電子系のネット展開から
東京やロンドンにカフェまで展開しているそうです。

「豊かに生きる方法」という、
全人類が共通するテーマで本を編纂し
レイアウトはオーソドックスなグリッドシステムで、
黄色い布ばりの板表紙にタイトルのみ、という本を
世界中へ向けて配本。
編プロと一言では片付けられない、
ワールドワイドなスケールに衝撃を感じました。

ふと、思い出した事。

昔、オーディオ機器で有名になったBRAUNが
振動式カッターを採用したひげ剃りの生産を始めた。
「なぜひげ剃りなんて、マイナーな電気製品を作るのか?」
という質問に社長が
「ヒゲの生えない男はいない」と答えたとか。。。
また、デザインも重視し機能主義デザインに基づいた、
モダンな名機を次々生み出した。
結果、世界規模の企業に成長した。

シンプルで普遍的なテーマの選び方、
世界への届け方(デザインへの期待)が似ている。

世界に通じる道筋なのかも。



文責:やまだ

拍手[1回]

「ピーナッツ」という漫画をご存知か?
ファンにこの質問は失礼だし、多少の漫画好きであれば、
聞いた事があるタイトルかも知れません。
こういえば、おそらく知らない人はいないと思います。

「スヌーピー」

世界一有名なビーグル犬です。
その原作タイトルが「ピーナッツ」。
スヌーピーは作品のタイトルでは無いんですね。

1950年、チャールズ・シュルツがアメリカの新聞に連載を開始。
2000年に健康上の理由で筆を置くまで連載が続いた。
と、ちょっとオフィシャルサイトから抜粋。

自称、漫画好きを掲げる僕ですが、
実は、「ピーナッツ」、ほとんど知らない。
洋物という事もあり
どちらかというと、関心がなかったぐらいで。。。




この冬、森アーツセンターギャラリーで
大きな「スヌーピー展」が開催されるそうです。
(2013年10月12日〜2014年1月5日)

漫画を取り上げた企画展は多く、今年も沢山ありましたね。
結構見て回ったので、お腹いっぱい感すら感じている所ですが。

そんな、マイナスの気分をこのチラシ一枚が払拭。
一転、「観に行かないと!」と思うに至るわけです。


 


これが原寸!?
なんと、巨大な「原画」!
しかも、初期の絵がかなり違う!
このおじさんが1人で描いていたのか!
勝手に女性だと思ってた!

誰もが知っている「スヌーピー」の
実は良く知られていない事実を
そのまま広告に使うというアイデアの秀逸さに
まんまとやられた感じです。

素材の面白さを100%活かし、かつその事が
明快なインパクトとしてガツーンと伝わるチラシ。

すばらしい。
お気に入り決定。

vol.2とある所が、収集欲をかき立てる
(が、手元に有るのはコレ一枚だけ)

文責:やまだ

拍手[1回]

130812_y01.jpg

埴沙崩(ハニ シャボウ)
1931年生まれの齢82歳の植物写真家です。
NHKのドキュメンタリーで
2013年4月、「足元の小宇宙」~82歳植物写真家と見つめる生命~
という番組が放送されました。
 
その番組を見て、この写真家の「写真集」が欲しい!と
探したのがこの本「植物記」です。

130812_y04.jpg
 
1900点にも及ぶ、どの写真も素晴らしいのですがこの本、
写真集ではありませんでした。
かといって、植物図鑑でもない。
学術的な中身でもなく、学習する為のものでもない。
総ルビで、子どもも読む事が出来ますが
読み応え、見応えは大人でも十分に味わえます。
面白く、発見が有り、驚きと感動が詰まっている。
なにより埴さんの楽しげな視点、
植物への視野が広く、温かく、優しい。

130812_y02.jpg
 
被写体はあくまで埴さんの郷里である
大分の国東半島近辺で撮影された植物だけ。
大輪の花も、特殊な環境で育つ奇異な植物も、
異様な樹木などもありません。
 
山野に育つ植物へ丹念にカメラを向け
地面に這いつくばり、寄り添い、定点で観測し、
植物の成長どころか「運動」まで記録する。
興味、関心が多用で、植物そのものを見つめた写真は
一枚一枚の「点」を「線」に、広がりを「面」に
面を時間で捉えると、空間になり、
植物を取り囲む「環境」にまでイメージを喚起させる。
埴さん自身が面白がっているだけなのかもしれないが
相当な作品数をこうして編集してまとめると、
通り一遍な「形と名前」をただ覚える図録より
深く見る事が出来る。
これはまるで「好奇心」の見本帳だ。

130812_y03.jpg
 
ドキュメンタリーでも常に笑顔で楽しそう。
(笑っている場面をわざわざつなぐ程に)
楽しげな埴さんへ秘訣を尋ねると・・・
 
世の中楽しい事ばかり
・・・その中から楽しい事を探し出して楽しむ事だね
 
至言だ。
そういうおじいちゃんに、僕もなりたい。







 

拍手[1回]

烏有書林:¥3800+税
 
活版印刷は、版画芸術と
そんなに違わないんじゃないだろうか。
と、思います。

130604_y01.jpg
 
活字を組み、紙を選び、
職人の手で刷り上げた印刷物は、気のせいか
なにやら得も言われぬ存在感が有る。
 
本のお題には習作集とあり、
表紙に「一介の欧文組版工の腕試し」と添えてあります。
それは、「仕事」ではない採算度外、技の見本市。
そんな技について、勉強不足を棚に上げてただ眺めても
活版で刷り上げた印刷物ッテすごくキレイなんだ。と、
ため息が出ます。

130604_y02.jpg
 
この習作をもってヨーロッパへ行き、現場で腕試し。
欧州の組版工、本家の職人達をして
「いいじゃん!」と言わしめた習作物です。

130604_y03.jpg
 
本は、作品(習作)が一通り並んだあと、
書籍の後半に重蔵氏の解説と、データが少し。
その後のページに活字の解説が有り、前出に当たる
「習作」と見比べて読み合わせると、
ヘタな活字見本帳やフォント解説本より面白い。
 
お気に入り当日は、弟子筋に当たる堀木社長が解説をして
僕は、ページをめくる担当です。

文責:やまだじゅんいち









 

拍手[2回]

130405_y01.jpg

ジェラルド・ゲルレ(フランス人アニメーター)と
堤大介(ピクサースタッフ)の、ふとした
思い付きから始まった壮大な企画。
「スケッチブックに旅をさせる」は、
5年の月日を経て完結を迎える。
 
5年の間にスケッチブックはどこを旅し、誰に渡ったのか。
それは、この本を見れば一目瞭然だ。
 
世界中での最前線、最高峰で活躍される
アニメーションクリエイター、漫画家、
イラストレーター、絵本作家の手を渡り、
素晴らしいビジュアルでつないで行ったのだ。

130405_y03.jpg
130405_y02.jpg
130405_y04.jpg

 
それはもう。
錚々たる顔ぶれである。
スケッチブックを埋め尽くす絵も、恐ろしい。
表現する言葉が無い。
少なくとも、
こうした企画モノの画集の至る質ではない。
 
英語版がずっと書店に有って、
日本語版も出ると知りながら待てずに購入。
勿論日本語版もゲット。
出来れば原本も手に入れたいくらいだ(不可能です)
この世界で1冊しかないオリジナルのスケッチブックは
オークションを経て、ルーム・トゥ・リードという
チャリティー団体へ寄付されたそうだが、
その内容をこうして見られるだけでも
十分ありがたい。
 
ちなみに5カ国に一つずつ、5つの図書館と、
各国それぞれのオリジナルの本が制作されるだけの
落札価格だったそうです。
 
ちなみに複製原画による展覧会ですが、
「スケッチトラベル展」
2013年3月7日(木)~6月2日(日)
京都国際マンガミュージアムが公開中。
http://www.kyotomm.jp/event/exh/sketchtravel.php
 
そうだ
京都
行きてー。

拍手[1回]

130128_y01.jpg
 
螺旋、弦巻、蛇行、さざ波、球体、放射状、
枝分かれ、ひび割れ、フラクタル・・・
 
自然の中のパターンを美しい写真で見せる写真集。
自然科学でもあるし、アート系の写真集でもある。
説明も分かりやすく、また、写真を邪魔する程
詳細に渡る解説ではないので、読んで、見て
「なるほどねー」とめくっていく。
120頁ほどなので、割とすぐに読み終えるが、
写真は、寄ったり引いたり、何気ない景色の中や、
良く見る野菜や植物から、様々なパターンを
見つける楽しみが有り、何度も見返せて楽しい。

130128_y02.jpg

130128_y03.jpg

 
全てが連続であり、厳密な繰り返し
スケールは変わっても法則は変わらない。
決められたパターンに収まる形なのに
同じモノがほとんど無いという
バリエーションの豊かさと、柔軟な変化に
感動してしまう。
どんな小さな自然の造詣の中にも、
有り余る「デザイン」の妙。
自然の中に学ぶ事は果てしなく多い。
 
文章がオリジナルのフォーマットに倣ったのか
不思議な組み方になっているのも味のよう。
 
元は1993年に発刊されたアメリカの本
1995年に翻訳本といて日本で出されたものが
2004年に復刊。
製本が悪くて、買って帰って開いた瞬間に
頭の一折りが根元から分裂。
ガッカリ。

文責:やまだ








 

拍手[2回]

121205_y02.jpg

デザイナーには知られたストックフォトの老舗。
アマナイメージズによる「写真」の雑誌が創刊です。「LIVING WITH PHOTOGRAPHY」と謳い、「写真をゆっくり読む」雑誌として誕生。
季刊誌。紙と印刷に凝った紙面。
インターナショナルなphotograph、photography、photographerを紹介。
「写真」のアートな側面を捉えたハイエンドな内容です。
 
写メから始まるメール、ブログ、SNS、フェイスブックに及ぶ気軽な写真の公開手段を背景に、「みんながカメラマン」時代の到来。
そこから、どうせ撮影するならもっとかわいく、もっと楽しく、良い感じに撮りたいという流れになり、趣味として撮影を楽しむ人が一気に増えたと思います。
(その背景にはデジタル化によるミラーレスの小型一眼レフが、まさかの女性に受け、ヒットした事もあると思います。今は相当なスペックを持った男性のファン向けのミラーレスが市場のメインなようです)
 
主に女性向けとしてライトに撮影を「楽しむ」多くのファンへ向けて、様々なハウツー本の雑誌が創刊されました。
生活の一部として写真を楽しむ内容は、それはそれで面白い文化になり、広く浸透したファン層の技術を上げ、質が高くなっていると思います。勿論、めまぐるしく進化する「失敗する方が難しい」カメラそのものの「高機能化」も有ると思いますが。
男性向けには相変わらず「テクニック」に特化したハウツー本や、新機種に的を絞った「機種別本」なども沢山出版されています。
 
大御所、日本カメラ、アサヒカメラは今も変わらず新機種の「検証」を売りに書店の本棚に居座っておりますが・・・。
 
「テクニック」「ノウハウ」「ハウツー」などの「撮る本」や「製品紹介」「機能紹介」「新ハードの検証」などの「物の本」は数有れど、「写真」を鑑賞するための「見る本」系雑誌は今までそんなに無かった気がします。
時々、美術手帳などで紹介されたりするけど。。。
荒木経惟や、蜷川実花や、篠山紀信など、広告チックで俗っぽく、知名度の高いドメジャーばかりが目立ちます。
 
写真家の写真は、日本では「写真集」という形で公開される事が多く、ギャラリーで展示されたとしても出版記念という事が多い。その限られた期間に足を運べるか、どこで展覧会をしているのか、そもそも、知らない写真家の写真を見るためにワザワザ行くか。。。かなりな写真好きでもなければチラ見する事もママならないのでは?(ましてや購入など)
 
じゃあ、写真集はというと。
関心が有って大型書店の洋書売り場に行き、写真集を手にしても1冊「8,000」「14,800」「20,000?!」そんな高額な写真集、ナカナカ手が出ない。少部数ですぐ絶版というのも手に入れる機会を少なくしている。そもそも。ビニールがかけてあるので、写真(中身)が見れないし。
 
IMAのような「写真」をゆっくり見る事が出来る雑誌は、新鮮だ。
 
「写真」と一口に言っても、ジャンルは様々。動物・報道・ストリートスナップ・科学・自然・スポーツ・ファッション・旅行・・・。それぞれに素晴らしい写真家がいるのだが、それぞれに活躍されているのでなかなか知る事が出来ない。そういった一流を一望出来る写真誌も無い。
そういう様々な、素晴らしい写真を見渡せる雑誌となって欲しいと思う。
また、最新の写真事情。逆に写真の殿堂のような作品を見たり、知ったり出来ると写真素人な僕なんかは嬉しい。
 
この質と量で¥1,500は、お買い得ではなかろうか。。。
現在(2012,12,05)2号まで発行され、創刊準備号から数えて3冊出版されている。

121205_y01.jpg

121205_y03.jpg

121205_y04.jpg

121205_y05.jpg

121205_y06.jpg

121205_y07.jpg

121205_y08.jpg


文責:やまだ










 

拍手[1回]

121005_y01.jpg
 
ドイツ製のボードの無いボードゲームです。
2人から4人で、6角形の色分けされたコマを
2人なら20、4人なら10持ち、
3パターンの6連どれか一つを
作った人が勝ち、
というシンプルな「6並べ」です。
手持ちのコマを置き切ったら、
フィールドに展開したコマを
使いながら続けます。
 
ボードは無く、戦闘が続くかぎり
フィールドをアメーバのように移動しながら闘い続けます。
時々、離れ小島が出来ると、小さい方の島が捨てコマとなり、
コマ数が減って行きます。
戦場は小さく、手持ちのコマも減り
6つ並べて勝つか、6コマ維持出来なくなった方の負け。
少しでも気が緩むとすぐに2重、3重の手が完成。
なかなか奥が深い(と思うのですが・・・)
 
このゲームは先日旅行して来た、紀伊田辺の
商店街のおもちゃ屋さんで衝動買いして来ました。
紀伊田辺という場所は、南方熊楠の粘菌研究の地。
この地で、この粘菌の様に展開するゲームに出会ったのは
何かの縁だと思いました。
旅行初日に購入してしまい、荷物になって大変でした・・・
 
あたくし、勿論ゲーム好きでして、
セガサターン以降、途切れる事無く
やんわりとゲーマーを続けています。
 
テレビゲームや携帯ゲームは1人でも没頭出来るのですが
こうしたボードゲームは相手がいないと遊べない。
 
これまでそういうゲームには目が行く事がなくて
将棋・囲碁・チェス・オセロくらいしか存在を知りませんでした。
世の中には様々なこういうテーブルゲームが有る事を知り、
気に入ったゲームをちょっと買ってみたりしてみるのですが・・・
相手がいないので封も切らずに置いてあったりします。
 
それはさておき。
複雑なシステムと豪勢なビジュアルで
発売一ヶ月しか売れない家庭用ゲームに比べ
この手のゲームデザインは裸のシステム構造そのもの。
シンプルな素材とシンプルなルール。
同じ◯◯並べでも、様々なバリエーションが有り、
形状も素材も多種多様。
シンプルで奥が深く、余白(かける時間)も多い所は
グラフィックデザインにもつながるのでは。。。
と、「お気に入り」として強引にグラフィックデザインに
すり合せてみるのですが。
いかがでしょう。
 
「モノ」のお気に入りは止めろと言われているので、
今回は例外としてお願いします。
(一応駄目と言われた場合用に「本」も用意してました)
 
(それはまた次回)
 
 
文責:やまだ







 

拍手[0回]

  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]