忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

091221_h01.jpg

岩波新書「日本美の再発見」を読んだのはもう30年も昔のことである。その頃デザインの勉強会で建築家のライトのことなど学んでいた僕は、IDの仕事をしていたM氏に多分勧められたのだと思う。著者のブルーノ・タウトはドイツでは表現主義の建築家として名をなしていたが、当時ドイツに台頭してきたナチス政権をおそれて来日した。高崎に住まい工芸試験場で指導を行い、日本各地を旅行して、日本の中の美しいものについて書き留めたものが「日本美の再発見」である。

 僕が驚いたのは、「津軽のこぎん」や、農婦が着た野良着である「絣」などの美しさについて、触れている点だ。日本民芸館の柳宗悦が収集したそれらを何度も見ていたが、なにをどう感じたらよいか全く判らなかった。われわれ日本人は欧米の文化に親しみ学ぶことが多いが、和の世界の受容の仕方を身につけていない。「絣」にしても「伊勢神宮」にしても何が日本的美であるかわからなかった。そのまっすぐで柔らかい視点を教えてくれたのがタウトである。

 タウトは在日中、建築家としては不遇であった。桂離宮や伊勢神宮などとの出会いがより彼を豊かにしたことは想像に難くないが、実際には建築に手を染めたのは、わずか1件、それも部分である。その貴重な建築が旧 日向別邸である。

 熱海駅から海側に徒歩10分程度か。今は熱海市が監理している。予約が必要であるが、電話をかけて運が良いと比較的早く見ることができる。小グループ毎に解説してもらえるが、ボランティアはよく勉強してい手楽しめる解説だ。はじめに45分のビデオ映像ををじっくり見せられるが、これが良くできていてタウトをだれでも親しみやすいものにしてくれる。

 タウトがこよなく日本を愛したことが切々と伝わってくるような、ちょっと胸をうたれる建築だ。日本で丸ごと1軒建築することができたらとなにやら

無念の思いが感じられた。


堀木一男


拍手[0回]

091109_h01.jpg

こりゃなんじゃと思ってあけてみたら
なんと日本グラフィックデザイン協会のメンバーによる
アンケートのお答えを綴じた本なのだ
メンバーのかなりの方が手書き文字で書いた物が見えるのが
おもしろい 時代に対してどう取り組むか ひとり一人の答えが
おもしろい 手書きにするとどこかの学校の文集のような
ありふれた体裁になるわけだが 手書きになることで裸にされる部分が
あるように思った ごまかしのきかないストレートな
コミュニケーションが痛快である
薄っぺらい人間に見えようと いろいろ幻惑しようと
その人がみえてしまう 編集仕掛け人のフツーの感覚の中に
潜むバランス感覚が おみごとという感じである

091109_h02.jpg
091109_h03.jpg


堀木

拍手[0回]

 知人から学生の照明デザインのコンペの審査に参加して

といわれて覗いてみた。インターネットで作品をみて投票するというものだ。

結果がでて送られてきたのがこの報告集だ。

091130_h01.jpg

表紙は松永真のデザインで透明な空気感が現代を感じさせる。

本文は9Qとか10Qで組まれているかなり密度の高い

グレード感のある報告集である。知人のデザイン事務所の仕事なので

わたしたちとは、異なる選択が随所にみられる。

091130_h02.jpg

他の事務所のうまさを見つけるのは結構楽しい。

またこれはちがうだろうーなどと価値観の違いを

意識するのも面白い。Typographyの考え方がかなり違う

と思ったが、受賞者の紹介のページの型にはまらない

自由なフォーマットはなかなかいい感じである。

中に長く審査に関わってきた粟津潔さんの訃報がでていたが

その他の審査員、栄久庵憲司さん菊竹清訓さんにしても

80代である。わたしが学生の頃のリーダー達である。

時代の変化が急にならざるをえないだろう。

粟津さんの冥福を祈ることばと現代の状況に向けて

「地球上に光を」ということばで審査をはじめた

という栄久庵さんのことばが印象的であった。


堀木


拍手[0回]

090904_h01.jpg

自民党と民主党のマニフェストをもらった。



090904_h03.jpg

自民党のマニフェストはシンプルで絵本のようだ。

タイポグラフィーとサイン、シンボルの展開で

色も見開き毎のテーマカラーといった案配であり

デザイナー好みこの上ない。



090904_h02.jpg

一方民主党のマニフェストは

太いゴシック体で黒と赤い文字でこれ以上のコントラストはない、

と言った趣である。ほとんどの頁に党首の

写真が出ずっぱりで、濃い感じである。最後に

マニフェストの各論が小さな文字で組まれており

いやが上にも密度が上がる。


両方を比べて軽やかできれいな自民党の

マニフェストをみて一般の人がどのように感じるだろうかを

思った。苦い思い出や現実を直視せざるを得ない人にとっては

リアリティーを感じないものになったのではないか

そんな気がしたがいかがだろう。


堀木一男


拍手[0回]

 すべては「単純に」でうまくいく

ローター・J・ザイバート他 著

飛鳥新社


090630_ho01.jpg

「人生に意味を」と言ったのはサンテックスだけれど、「人生を単純に」と言ったこの本の著者もすごい。気がついたら人生のまっただ中で、ジタバタしているけれど、自分と人生の関係を考える余裕がないという人に持ってこいの本だ。著者は人生を7つのステージとしてとらえ、より自由に生きるためにシンプリファイ(単純に)をすすめる。7つのステージは下から、もの、金、時間、健康、人間関係、パートナー、そして自分自身というふになっている。結局、様々な局面にどのような意志決定をしているかがとわれるので、思考をシンプルにしてより自由な生き方を勧めてくれているのである。じぶんのやりたいことを自由にするためには身の回りを単純にしておくことだというのだが、随所に現代心理学の諸成果がちりばめられており、なかなか含蓄が深い、それでいて完璧主義を廃した緩い部分もあり取り組みやすい。どんな人にも+アルファのひらめきを与えてくれる楽しい本だ。もちろんあなたのデザインセンスもシェイプアップするに違いない。


堀木一男

拍手[0回]

090518_ho01.jpg

男性ファッションをやっている義郎君たちが商品カタログを作るというので、どこかで手伝えるかもと思っていましたが、できあがったものを見てびっくり。想像すらできない世界でした。知らない世界ととはいえ、なにやら対極の世界を見せられているようで、眺めていると、次第に濃密なそれなりのクオリティー感が伝わってきます。ファッションにいいこも悪い子もないはずですが、とんがった偽悪的なファッションに取り組んでいるクリエイターたちの存在意義がたしかにみてとれます。お見事。
090518_ho02.jpg
090518_ho03.jpg

堀木一男

拍手[0回]


090316_h01.jpg

古本屋ではめったに雑誌にはお目にかからないのだが、先日目に付いたDIRECTOR'S MAGAZINEはタイポグラフィーのこだわりが、一貫していて面白いと思った。
もちろん画像もあるのだが、徹底した文字組で見せるページネーションは、内容の面白さの反映であろう。

090316_h02.jpg

語り手である様々なDIRECTORの思いの深さが編集者の強烈な意志になっていて引きずり込まれそう。ひとたび本文に目をおとしたらしばらくは帰ってこられなそうな魅力的な語り口である。
タイポグラフィーはこうでなくちゃね。

堀木一男
 

拍手[0回]



090130_h01.jpg

加島祥造は英文学者でT.S. エリオットに触発された詩人でもあったようだ。しばらく詩作からは離れていたらしいのだが、50代になってから伊那谷に別荘をもつようになり、その自然に魅了されるようになってから詩心が復活したらしい。おもしろいのは、彼の元に英文学の詩として多様に翻訳された英語の老子が届けられたということだ。その英語の詩の自由闊達さが漢文からの翻訳とは、ひと味もふた味も違ったきわめて現代的なニュアンスでいきいきした老子として姿を現したということらしい。加島の今ここでの日本語がわかりやすく楽しい。
伊那谷に行って老子を味わうのが今年の実現目標である。

堀木一男

拍手[0回]

  
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]