忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/10/11 (Sat)
船越桂 夏の邸宅
080925_h01.jpg

080925_h02.jpg


この夏 船越桂の彫刻展が東京都庭園美術館というアールデコ調のインテリアそのものである空間で行われた。何も期待しないでみるというのはいいものである。船越かつらの彫刻なら観てみたいと思い 倦んだ日差しの夏の午後 庭園美術館に足を運んだ。待ち受けていたのは 変貌した船越だった。この人の興味は人そのものにあるようだ。それぞれの人生それぞれの顔や形に興味があるようだ。多分それぞれの場におかれたむき出しのいのちとしての顔なり形なりに 人間の実存を感じながら 感じることの難しい状況の前に立っている感じである。彼がテーマにえらんだスフィンクスは 人間に謎を出しては 答えられない人間を取って食べたらしい。それにスフィンクスはどうやら両性具有だったらしく これはユング的にいうと統合された人格のシンボルではないかと思う。体と魂 男と女 これらの二元論的なモノを統合するスピリチュアルな存在の象徴かもしれない。われわれはこのスフィンクスに存在を問われ 自らの存在の軽さゆえに 息をのまざるをえない。虚構のスフィンクスの方が確かな存在感をもち エロス的であるという意味できわめて人間的であるのである。わたしたちは スフィンクスの前で飲み込んだ言葉を どこで回復するのだろう。

堀木一男 

拍手[0回]

コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]