忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/09/02 (Mon)
昌徳宮(チャンドックン)日本語パンフレット




ソウルの王城、昌徳宮(チャンドックン)を訪ねた。猛暑の中お上りさんが

各地からやってくるのはいずこも同じ。韓流歴史ドラマでおなじみの王宮だ。元々は離宮だったそうだが、歴代の王に愛されて本来の王宮である景福宮より、実質的な王の居城として長く使われたようだ。入り口の敦化門で案内のパンフレットをもらったのだが、10カ国以上あったのではないかと思うが、各国の言葉に翻訳されたパンプレットのデザインが、目を引いた。レイアウトのメソッドが、一瞥してある人物を思い起こさせたからだ。杉浦康平事務所に長らく出入りしていた、谷村彰彦のことだ。彼は平凡社の地図帳などの仕事で名前を残したが、韓国のデザイン学生と交流があったと聞いている。罫の使い方といい、書体の選定といい、冊子の作り方といい、谷村の息づかいが感じられる冊子のデザインだ。おそらく、彼の薫陶を得た韓国の学生が成長して成した仕事にちがいない。無料で配られるガイドブックとして品格のある良い仕事だと思う。なにより人間の交流が、それぞれの文化に良い影響を与えるようで、嬉しくもあった。喧嘩なかまであり、すでにあちらに籍を置いている谷村に敬意を表するものである。





堀木一男



拍手[0回]

コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]