忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013/10/07 (Mon)
トルコとイスラエルの雑誌




●イスタンブールの空港で貰った観光、ショッピング  マガジン
イスタンブールは言わずと知れたムスリムの国だ。その中でもアジアとヨオロッパを繋ぐ、主要な空港であり、もはやヨオロッパになろうとしている意気込みが感じられる。Gate と題された雑誌は、全てアラビックではなく、ローマンフォントでできている。しかしよく見ると、ローマンフォントを巧みに用いたトルコ語なのである。英語と併記してあるので一瞬わからないが、トルコ語をローマンフォントで組んでいるのである。各国のマガジンが研究され、国籍はすでにわからないほど
洗練されている。見出しの文字のウエイトが細身なのも世界的な傾向のようだ。でもイスタンブールの魅力は、迷路のような市場と厚みのある歴史だ。今度はイスタンブールに行こう。
●エルサレムのダンホテルのホテル内マガジンである
Magazine The Dan  黒表紙にニス引きでゴージャスなつくりである。面白いのは表紙と裏表紙が同じで通常の左開きは英語バージョン、右開きは漢字のの縦組みと同じ流れのユダヤの文字だ。アラビックもそうだが、右から左に文字が流れる。そういう訳で、両面が表表紙なのである。トルコと違って、ユダヤ人はプライドが高い。英語と併記する場合は真っ向流れがことなるのだが、全然気にする風もなくデザインされている。ホテルの女性スタッフの愛想のないことおびただしいが、彼女らも軍隊で厳しく男性兵士と同じ訓練を受けてきた証かも知れない。デザインクオリティーは全く欧米先進国なみだ。ホテルの浴室に置かれた石けんが素晴らしくよい香りもその現れだ。また野菜がこんなにうまい国はないだろう。

拍手[0回]

コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]