忍者ブログ

ここは新宿。とあるエディトリアルデザイン会社のスタッフblog

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/12/13 (Mon)
「東京公園散歩」「イギリス・ユートピア思想──ウイリアム・モリス」

1001125_h02.jpg
「東京公園散歩」矢部智子

1001125_h04.jpg

「イギリス・ユートピア思想──ウイリアム・モリス」大平真理子 他


確か経済評論家の内橋克人だったと思うが、本を2冊並行して読むと新しい発見があるといっていたように思う。

 クレマチスの丘にあるアート系の本屋で思わず買った本が、「東京公園散歩」だ。パラパラ繰ってみるとわかるが、東京にある見事な大公園のガイドブックなのだ。大公園巡りは心から愛する僕の趣味で、横浜や東京の里山や公園をまわって、その景観の美しさやバードウォッチングを楽しんでいる。

1001125_h03.jpg

 この本は、おなじみの新宿御苑や昭和記念公園、砧公園など広大で樹木の生育の見事さにほれぼれする公園をいくつも紹介しているわけだが、ごろりと寝転がることが大切と僕と同じ視点であるところが嬉しい。なんでこんなに公園や樹木そして鳥に惹かれるのだろうと思っていたら、もう1冊の「イギリス・ユートピア思想」の中のウイリアム・モリスを読んではたと膝を叩いた。

1001125_h05.jpg

 ちょうど幕末の坂本龍馬と同時代にイギリスでは社会変革のためにモリスが奮闘していたわけなのだ。産業革命驀進中で、貧困層が多く何やら現代の日本に通じそうな社会背景で、未来を見通すためにユートピア思想が必要であったようだ。そのユートピア思想は豊かな自然の観察力と健康な社会構想力からなっている。モリスは多忙な生活の中で、自ら自然に癒され様々な壁紙のデザインに取り組んだわけだが、川や動植物の生態系が人間の暮らしにどれだけ必要か、身近に迫ってくる宅地開発業者の緑地破壊を目の当たりにして、生涯戦い続けた。

 彼が求めたのは、良い自然環境の中で、喜びに満ちた人間的な労働の質の問題なのである。思わず何故公園の緑に惹かれるのか、了解できたのであった。

1001125_h01.jpg


堀木一男

拍手[0回]

コメント
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
トラックバック

TrackbackURL

  
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD
PR
デザインコンビビアとは
HN:
株式会社 デザインコンビビア
性別:
非公開
自己紹介:
エディトリアルデザインをメインに、 平面媒体のデザインを自在にクリエイトする、 6人のデザイナーで構成された デザイン事務所のブログです。 詳細は、ホームページに有りますので 是非そちらもご覧ください。
最新コメント
[06/26 岡野祐三]
[06/06 yukky]
[05/20 prizemoney]
[03/06 大友淳史]
[03/05 加納]
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- コンビビアな日々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]